2007年07月21日

ヤマユリ

昨日で学校は終業式。今日から楽しい夏休みのはずなのですが、
息子は部活動、娘は特別講習で、今日も通常どおりに出掛けていきました。
子ども達の予定がいっぱいで、今年は夏休みといえども気がぬけないんです。
ま、私の自由時間もちょこちょこ増えてますけどね。(^^)

若い人たちには、家の外でバリバリ活躍していただかなくっちゃね。☆⌒(−v^)v
さてと、昨日の大発見、2つめはヤマユリです。

去年の「北向きの斜面」でもクズの葉に埋もれたヤマユリの花なら見ているのですが、
今年は状況が違っていました。

07_0721_yamayuri1.jpg



7月に入って、あちこちのブログでユリの花を見かけるようになりました。
ピンクのササユリ、白いヤマユリ、オレンジのオニユリ。

「北向きの斜面」でずっと見守ってきたユリの葉たちはどうなったかな?
アオギリのあとは、大急ぎで「隣町の公園裏の北向きの斜面」へ向かいました。

ついたとたん景色は…コレ!

07_0721_yamayuri2.jpg

「やられた〜!!」ですよ。まさに、草刈り直後のすっからかんです。
オオカモメヅルもヒヨドリバナも、ミズヒキもヌスビトハギもタデの花も全部無し!!
焦りました。開花直前のユリたちはどうした?????



でもね、もしかしたら、ユリを引き立たせるための草刈りだったのかもしれません。
ほら、つぼみだけのユリが、ちゃんと刈り残されて立ってます。

07_0721_yamayuri3.jpg

ああ、よかった。とりあえずほっとする私に、ようこそってお辞儀するように
ヤマユリ姉妹が頭を垂れていました。

07_0721_yamayuri4.jpg

高貴な雰囲気のゴージャスな花にしては腰低いなぁ。
こ汚い私なんか米つきバッタみたいにぺこぺこ返礼。ああ、優雅さに欠ける。(涙)



「北向きの斜面」この日は他の草はなんにも無し、虫も居ません。でも、大丈夫。
刈られたのは裾の方のほんの一部。
ちょっと向こうへ逃げ込んどいて、ちょっと首をすくめておいて、
あっという間に復活します。



他の草を見られないから、ここでついでに、ユリの特徴ウォッチング。

07_0721_yamayuri5.jpg

ノカンゾウとヤブカンゾウをご紹介したときに、ユリとは葉っぱの付き方が違うんですよと
書いたと思いますが、
ハイ、↑コレがユリの葉の付き方です。
笹の葉みたいなすらっとした葉が、茎に、互い違い(互生)に並んでいるでしょう。 
つぼみはてっぺんについて、あんまり枝分かれはしません。

ノカンゾウとヤブカンゾウの記事

ノカンゾウやヤブカンゾウの葉は、ススキのような細い葉。
根元からはいっぱい出ても、花の茎にはつきません。
コレは、オレンジの花の咲く、オニユリでも同じ事。
暮らしの中で見かけるイラストやデザインとは違っている事が多い、見落としがちな特徴です。

ユリの見分けが難しくても、オニユリはすぐに解ります。
葉の付け根にむかごが並んで付いてるから。

07_0721_oniyuri.jpg

ね、葉っぱがずらりと並んでいるでしょう?付け根にはひとつずつ、むかごが付いてます。
このむかごが種がわりになるので、オニユリの実はめったなことでは実りません。
花が付かないくらいの小さい株のうちから、むかごだけはどっさりつけます。

だから、この斜面、本当はオニユリの方がたくさん咲くはず…なんだけど…。
本当にちゃんとよけて草刈りできたのかな?少し心配です。(^^;)




さて、本命のヤマユリの写真をもう少し飾っておきましょう。

07_0721_yamayuri6.jpg

コレが、この日一番の大株。4輪咲きです。
ええい、滅多ないチャンスだ!お花のアップもどどん!!とね。

07_0721_yamayuri7.jpg

花が開く様を「花笑み:はなえみ」と言うのはユリのみに限られたことだったそうです。
でも、ここまで咲いちゃうと 大爆笑って感じで、ちょっと迫力ありすぎ。(^^A)



たくさんヤマユリに会えて、良い香りにも包まれて…
うれしいんだけど、他の草の葉たちにも会いたかったな。

むき出しの斜面に、ヤマユリだけが並ぶ様は、少し 異様に写りました。



ブログ内関連ページ

2006/ 7/12付 「北向き斜面の花」 クズの葉に埋もれたヤマユリの花
2006/ 7/30付 「ここ数日」 いつもおさんぽしている公園のオニユリの花

ノカンゾウ、ヤブカンゾウとの比較
2007/ 7/ 6付 「アガパンサスなど…」


posted by はもよう at 22:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
出ましたね!ヤマユリが・・・(笑い)。

ちゃんと残してくれた、とは偉いものです。
それだけの手間をかける価値がありますね(笑い)。
Posted by nakamura at 2007年07月21日 23:13
はもようさん 先ほどは有難う!
いつもドジですからチェック宜しくお願いしますね!!本当に助かります。
草も木も虫も、はもようさんは何でもご存知…研究室長さんです。
Posted by かえで☆ at 2007年07月21日 23:34
花の数はその株が生き延びてきた年数、だと聞いたことがあります。
前年の枝に花が咲くので、刈り込みの時期を誤ると花がつかないのだとか。本当かな?

舞岡公園では近隣の小学校児童が、「ヤマユリを摘まないで」という来園者へのお願いのポスターを制作して掲示しています。お蔭で、年々ヤマユリの花の数が増えて豪華になってきています。
ヤマユリは神奈川県の「県の花」なんです。
Posted by ひろし at 2007年07月21日 23:38
nakamuraさん、こんばんは。
TB送ったのですが、表示されません。
残念〜とコメントしようと思ったら はねられて…。
え〜んと帰ってきたら、nakamuraさんが訪ねていらした。

ハイ、刈り残したくなるほど、立派なお花なんですよね。
Posted by はもよう at 2007年07月21日 23:47
かえで☆さん、こんばんは。
いえいえ、たまたまですよ。
ついついいろんなものに気が散って…(−−;)
Posted by はもよう at 2007年07月22日 00:00
ひろしさん、こんばんは。

球根植物ですから…前年枝の下りはちょっとどうでしょうか。(’’?)
でも、年の数だけ花が咲くって言うのは、そのとおりかもねという気がします。
いずれにしても、よく解らないのですが。

小学生のポスターなら、言うこと聞かなきゃなって思うかしら。(^^)
県民の花が栄えて何よりです。
Posted by はもよう at 2007年07月22日 00:07
おはようございます。
TBありがとうございます。
ヤマユリが残ってよかったですね。それにオニユリもあるのですか。
近くの市民の森でも下草が刈られて、ユリが蕾をつけています。支柱も添えられているのですが、咲いてからもずっと残るかどうか心配もあります。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2007年07月22日 08:16
おーちゃんさん、こんばんは。
はい、ヤマユリ、刈られないで済んで有り難いです…っていうか、
わざわざ植えたのかな?よく解りません。
オニユリはまだつぼみでした。もう咲いたかしら?
むかごがいっぱい付いているからすぐ解りますよね。

市民の森にもユリの花が有るんですね。
支柱が付くくらいなら、大事にしてもらえるんじゃないですか?
毎年咲いてくれるといいですね。
Posted by はもよう at 2007年07月22日 22:46
大概は、公園管理者から依頼された草刈りマシンを持つ人が、ろくに何も考えずにバリバリとやっちゃうのですが、ヤマユリが残されたのは、大きなつぼみを見て、さすがに気遣いが生まれたのでしょう。

根岸森林公園でも、どこの崖も草むらも、先週から禿げ上がっています。
Posted by ディック at 2007年07月24日 21:30
ディックさん、こんばんは。
あらら、そちらもやっぱり禿げ上がっていますか。
仕方ないですよね。
刈ってもらえなくてジャングルになっちゃっても、困るんですから。

ヤマユリは、気を遣って残されたのかなぁ…。(’’?)
またそのうち、見てきますね。
Posted by はもよう at 2007年07月24日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。