2007年07月13日

オオカモメヅルの花

大型の台風が日本列島を縦断しかねない状況です。我が家の方でも猛烈に蒸し暑くなっています。
今降るか 今降るかと思っていましたが、夜が更けても雨になる気配がありません。
あれれ?ま、いまのうちに、嵐への備えをしておきましょうかね。

月曜日に、お気に入りの観察スポット「隣町の公園裏の北向きの斜面」で、うれしい再会♪
オオカモメヅルを見つけました。

07_0713_o_kamome_d1.jpg

そもそも、2005年の秋にお仲間のコバノカモメヅルの花を見つけてから、
「北向き斜面」では つる草が生えていると、暗い赤色のお花を探すことにしているんです。
変わり者ぞろいのガガイモ科のつる性植物。どの花見ても♪魅力的なんですよ。



コバノカモメヅルとあっという間に見失っちゃったのですが、去年はもっと小さい花の
「オオカモメヅル」に会えました。
でも今年は、去年と同じ場所には姿が無く、
また会えなくなっちゃうのかなと思っていたのですが…別の場所に咲いてました。

どうして名前に「オオ」と付くのか、この「オオ」は本当に”大きい”という意味なのか?
責任者を呼び出して説明を聞きたいくらいの 小さい花です。

07_0713_o_kamome_d2.jpg

今回の比較対象は、去年、ひろしさんに名前を教えていただいた「アシグロツユムシの若齢幼虫」。
見たことなくても良いんです。この時期、草むらにいるちっちゃいバッタの子ども達。
あの子達と同じくらいのスケールです。ね、ちっちゃいでしょ。




ヘクソカズラ、ツルウメモドキ、スイカズラ、ヤマイモの葉…いろんなつるが
うねうね絡まり合っていても、この葉っぱを見逃しちゃぁいけません。

07_0713_o_kamome_d3.jpg

うそうそ、うそです。この黄緑の細長いハート形の葉っぱがそれですが、
葉っぱだけじゃ無理ですよ。お花が咲いてなきゃ見分けられっこありません。




ヘクソカズラ、スイカズラと同じ 2枚ずつ向きあって付く(対生)葉っぱです。
スイカズラはハート形じゃないし、ハート形のヤマイモの葉は互い違い(互生)に付きます。

でもね、つぼみから違うから、これはっ?!と思ったら葉っぱの付け根を見ればすぐに解ります。
ヘクソカズラのつぼみは白、ちっちゃいうちから白いですから、
ヘクソカズラじゃない! って言うことはすぐに解ります。そうしたらじっくり確認〜♪

07_0713_o_kamome_d4.jpg

で、こんな↑だったらもう、間違い無しですよね。




こんなん↓とか…

07_0713_o_kamome_d5.jpg (色の薄いタイプ)

こんな↓のとか咲いていたら、オオカモメヅルですね。

07_0713_o_kamome_d6.jpg (色の濃いタイプ)



花びらの先が長くてくるりんカールが付いていたらコバノカモメヅルかもです。
「コバノカモメヅル」の方が、お花が大きくて目立ちます。



去年はとっても面白い形の実も付いていたのですが、今年は実までは見つけられませんでした。

ガガイモ科の何が面白いって、この、実が面白いんですよ。
袋状になる実で「袋果:たいか」といいます。種類ごとにデザインや付き方が違っていて、
袋の中には、絹糸のような綿毛を付けた種がぎっしり詰まっているんですよ。

風にほどける綿毛…見たいんですけどねぇ〜。
ここ、草刈りが激しくて、熟すまで放っといてもらえないからなぁ…(``;)



それでもどこかから、種が飛んできたんでしょうね。
今年の場所は、去年見たのよりも株の数は増えていましたが、お花はずっと小さかったです。

元が小さいのに、もっと小さいってどういう事よ〜と、またまた、責任者を呼びたくなりますが、
もう会えないかと思っていたお花に、今年もまた会えたんですからよしとしましょう。
それにしても可愛いなぁ、この花。こんな花なら鉢植えにしてお家に持って帰っても…
…あ、お家では山盛りのカラスウリの苗が待ってるんだった。(−”−;)無理



ついでにこの日は、うれしい再会がありました。去年も声をかけてくださった
「北向き斜面」のお向かいにお住まいの奥様が、また声をかけてくださったんです。

その上、ご自宅で「サクラランが咲いたのよ♪」と、お花を見せてくださいました。
園芸店で売っている「ホヤ」ですね。淡いピンクのお花が咲きますので、
お花が咲くほど大きくなった株は、元の名の「サクララン」と呼んだ方が似合います。
桜色のお花がシャンデリアみたいに下がって咲いて、かわいかったぁ。(*▽*)〜♪

「ラン」という名がついていても、蘭の仲間ではありません。
偶然、サクラランもガガイモ科のお仲間でした。
まぁ、こんな小さい花では、うれしくないかもと思いつつも、
ご自宅のお向かいの斜面に オオカモメヅルが咲いてますよと、お見せしておきました。
こんなにちっちゃくて地味ですけれど、お仲間なんです。お見知りおきを〜。

時々うろついてますが、決して怪しいものではありませんと、もう一度念を押して
お別れしました。

「北向きの斜面」自体は私有地ではありません。公共のものですが、道の反対側は民家で、
垣根もフェンスもなく、お庭がむきだし〜と言うお宅も多いんです。
家の前を 得体の知れないおばさんがうろうろしてたら、嫌がられて当然。
今後の観察のためにも 愛想だけは良くしておかねば。(^皿^;)にーっ!



ブログ内関連記事:

2006/07/11付 「オオカモメヅル」

2005/09/14付 「コバノカモメヅル」

2005/10/25付 「綿毛いろいろ ガガイモの仲間」


posted by はもよう at 23:06| Comment(6) | TrackBack(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん  こんばんは。
本文に私の名前をだしていただき恐縮です。
ずいぶん丁寧な説明文「はもよう節」ですね。よくわかります。
私も今年の花の姿を見ていますのでTBさせていただきます。

実が成るのが楽しみですね。
Posted by ひろし at 2007年07月13日 23:20
ををっ!!アップしたてにTB♪
ひろしさん、ありがとうございました。

ハイ、本文に勝手に名前を出しちゃいました。
ありがとうございました。
TBいただいた記事を見てみると…そうそう、あの時点では、
今年はもうオオカモメヅルには会えないと思っていたんですよね。
会えてうれしい♪ お気に入りの野草です。

ここはしょっちゅう草刈りされてしまう場所なので、
実は…どうでしょう。
でもでも、希望を失わないように頑張って追いかけます。
自然にはぜた綿毛をまだ見たこと無いので、見たいんです。
Posted by はもよう at 2007年07月13日 23:51
うちの近所ではまだ見つけていません。
台風が通り過ぎたら、この葉っぱと赤い小さな花を探してみます。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2007年07月14日 09:48
こんばんは。

面白い記事でした・・・。
「はもよう節」でしたか??(笑い)。

ガガイモのエントリーを考えておりましたので、後でTBしてみます。
Posted by nakamura at 2007年07月14日 18:21
おーちゃんさん、こんばんは。台風の影響はいかがですか?

幸い小さいので、この花に関しては台風の影響は少ないと思いますが、
台風のあと、観察に出られるときには十分に用心なさってくださいね。

見つけるのはちょっと大変ですが、お近くに咲いてますように。(^^)
Posted by はもよう at 2007年07月14日 23:14
nakamuraさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。
〜節ですから、こぶしでも回してうならないと…いけませんかねぇ。

ガガイモが咲いてましたか(^▽^)。
はい、エントリー楽しみにしています。
Posted by はもよう at 2007年07月14日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

■ 小谷戸の里の草花
Excerpt: きのうの夕方に撮影した草花のうち、雨滴の見えない写真です。今日、追加撮影したものもあります。 コマツナギ   07.6.27   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200..
Weblog: 舞岡公園の自然
Tracked: 2007-07-13 23:16

シタキソウ ガガイモ科・・牧野日本植物図鑑
Excerpt:                         &n..
Weblog: 土のうた
Tracked: 2007-07-15 00:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。