2007年07月09日

トウネズミモチ

土曜日、旦那さんの車で出掛けたときに、ふと気付いたんですよ。
近所の雑木林に なにやら派手に 白い花か咲いていることに…。
派手な白い花…じゃありません。ひとつひとつの花は小さいんです。
地味な白い花。でも、その、花付き…数が半端じゃないんです。
大きな常緑樹が何本も並んで、ブロッコリーのような もくもくの樹形になっている上へ、
白い雪が積もっているように、びっしり花が咲いているんです。

なんだっけ?
近くでよくよく見てみると…それは…6/17にご紹介したネズミモチの中国版、
トウネズミモチだったのです。

07_0709_tou_nezu1.jpg





いつもおさんぽしている公園にもあるんですよ。トウネズミモチが一本だけ。
それは、あまり元気のない木で、そんなに大きくもなかったし、
よそのお家の庭木になっているのを見かけるくらいで、
そんなに気にしていなかったんですけれど、意外や意外、近所の雑木林、
遠くの植え込み、あっちにもこっちにも、トウネズミモチだらけでした。

「木に咲く白い花」シリーズも終盤で、もう、咲く花も少なくなってきました。
この時期、こんな風に咲くのは この木だけ。
近くの庭木から遠くの常緑樹まで、トウネズミモチ、カミングアウトしまくりです。

07_0709_tou_nezu2.jpg

トウネズミモチは ネズミモチのお仲間で、モクセイ科イボタノキ属の常緑高木。

花の穂の大きさ、木の高さ、樹勢、葉っぱの大きさ、実の付きの良さ…。
何をとってみても、さすが大陸育ち、ネズミモチより 大きくて激しいです。



はい、これは公園の トウネズミモチの花の穂。

07_0709_tou_nezu3.jpg

一番の違いは花の時期で、
生け垣でたくさん咲いていたネズミモチは、今、一輪も残っていません。
トウネズミモチの方が、ひと月は後になります。

花の穂は大きく、花付きは圧倒的によいです。
枝分かれした一本分が、ネズミモチの花の穂くらい…な大きさの違いでしょうか。

はい↓これは先月咲いていたネズミモチの花です。

07_0709_nezu1.jpg

一輪一輪の 花の大きさは、さほど違わないので、花の穂の写真を比べてみると、
その、規模の違いが際立ちますね。

続いてアップにしてみましょう。まずは↓トウネズミモチ。

07_0709_tou_nezu4.jpg

細い筒状のつぼみの先が4つに裂けるところは 同じですが、
花びらの反りかえりが強くて お花の形がよく見えません。

↓こちらがネズミモチ。

07_0709_nezu2.jpg

花びらは4つ…たまに5つ…に裂ける形。
あまり反り返らないのでカワイイお花の形が良く解ります。



でも最大の特徴は、葉っぱです。2枚目の写真でも解りますか?
トウネズミモチの↓葉は、光に透かして見ると…葉脈が透けて見えるんです。

07_0709_tou_nezu5.jpg

これが↓ネズミモチだと…

07_0709_nezu3.jpg

ほら、透けてないでしょ。

葉の大きさも、トウネズミモチは6〜12cmと大きく、
ネズミモチは4〜7cmで、だいぶ小さい感じ。

実が付くと、また、違いがあって、
トウネズミモチの方が丸こくて、表面に白く粉が吹いてます。
そして、圧倒的に実の付きがいいです。
なんか…ああ、もういいよ…って言ってあげたくなるほど付きます。



どちらも虫さん達に人気なのは 同じです。ネズミモチに来てたのと同じような、
蜂やアブやハナムグリの仲間がブンブン飛び回っていました。
ご馳走いっぱい、幸せね。(^^)




ブログ内関連ページ:

2007/06/17付 「ナツツバキなど…」 ネズミモチ、ナツツバキ、シモツケ、ニワナナカマド


posted by はもよう at 23:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この木は庭木や生け垣に植えられることが多いのでしょうか。わが町のあちこちで、白い花がむせ返るように咲いている木があります。
ところが、いつも散策する公園ではほとんど目撃できません。野鳥が種子を運んできていないのでしょうね。
Posted by ひろし at 2007年07月10日 00:05
ひろしさん、おはようございます。
そうですね、トウネズミモチは庭木…にはしても、
大きくなりすぎるので、生け垣には向いていないようです。

この時期に「白い花がむせ返るように咲いている木」があれば、
この木の可能性が大きいですね。

今回はどんなに大きくなるのかを実感しました。
近所の照葉樹のかなりの部分がトウネズミモチでした。
殖えすぎてもいけませんので、そちらの公園には生えないことを祈ります。
Posted by はもよう at 2007年07月10日 10:36
トウネズミモチは大きいですねえ。
昨年まで気に留めていなかったのですが、今年はあちこちの大きな木が白い花をいっぱいにつけているのを見ます。昨年と変わらないはずなのにいったん気づくと目立ちます。
近づくと花弁が反っている分オシベが目立ちますね。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2007年07月10日 15:24
おーちゃんさん、こんにちは。
ねぇ、大きいですよね、トウネズミモチ。
私も今年改めて見回してみて、大きい事とたくさんある事に驚きました。

光に透ける葉脈を撮ろうと思っては居ましたが、
近くで良く見ると 花びらが反り返っていてネズミモチとはちがいますよね。
これも発見でした。

もともと地味な木ですが、いろいろ解って楽しかったです。
Posted by はもよう at 2007年07月10日 18:43
そうか、花の時期なら、葉を透かしてみなくても区別がつきそうですね。トウネズミモチの花はじっくり写真を撮りましたから、もうネズミモチと取り違えることはないでしょう。
Posted by ディック at 2007年07月10日 23:12
ディックさん、おはようございます。
はい、見分け図鑑では葉っぱの違いばかりが目立ちますが、
実物を見てみると、いろんなところが違っているのが解って面白かったです。

ディックさんのお花の写真は、もっと鮮明で綺麗に撮れてましたもの、
ネズミモチとトウネズミモチの見分けはもう完璧ですね。(^^)
Posted by はもよう at 2007年07月11日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。