2007年07月05日

ノハナショウブなど

梅雨の中休みだそうです。ちょっぴり日が差して暑くなりりました、今日のうちの方。
久しぶりにお布団干したけど…乾くかしら? お空とにらめっこです。

昨日の記事のために いつもおさんぽしている公園を歩いてきましたら、
花だんでいろんなお花が咲いていました。
今日と明日、その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

今日はノハナショウブ、オカトラノオ、ヒロハマンテマ、萩をご紹介。
まずはそろそろ終わっちゃいそうなノハナショウブから。

07_0705_hanashobu1.jpg

 




「いずれ菖蒲か杜若」…見分けが難しいことの例えに よく使われる言葉ですよね。
そして、そのくらい アヤメ科のお花は見分け方が難しいです。

ウィキペディアで見て 青木先生に聞きに行って、確かめました。

07_0705_hanashobu2.jpg

このお花は、水辺に生えていること、花びらに黄色のワンポイントが入ってること、
お花の真ん中の花びら(花被片)が 派手に立っていないことから…
たくさんの園芸種の基になったノハナショウブでいいようです。

ずっと咲いててくれましたが、そろそろ終わりのようです。



初めてお山に連れて行ってもらった頃から、ずっと大好きなのはオカトラノオ。
公園の花だんには、毎年、このオカトラノオの咲く一画があります。

07_0705_okataranoo1.jpg

お山で見るのよりずっと背が低いので、本当にオカトラノオで良いのかなと思うのですが、
でもこの端正な花の形は、web検索して眺める、お山の大きなオカトラノオと変わりません。


この日はアリさん達がたくさんやってきて、蜜をなめていました。
こちらの花だんも 盛りを過ぎたところでした。間に合って良かった(^^)。

07_0705_okataranoo2.jpg





公園の花だんには、とってもユニークな形なのだけれど、咲く時間に限りがあって、
きれいに咲いている時間には、なかなか お目にかかれなかったお花があります。

特徴的な姿から、ナデシコ科のマンテマのお仲間だと言うことはわかっていましたが、
私が行くときにはいつもしおれていて、いつ咲くのかな?と疑問に思っていました。

夜咲く花なら、一日中 霧雨が降っていたこの日はチャンスです。
期待しつつ見に行くと…、きれいに咲いていてくれました

07_0705_wh_campion1.jpg

撮れた写真と一緒に web検索〜。ナデシコ科マンテマ(または シレネ)属の一年草。
ホワイトキャンピオンという園芸種だと解りました。
和名は「ヒロハマンテマ」、別名は「宵待仙翁:ヨイマチセンノウ」。
あっ…やっぱり 夜 咲くお花でした。


しましまで しずく形のガク(萼)が面白いでしょう?

この花の前を小さな女の子が「なみだ、なみだ〜。」って言いながら通っていきました。
先を急ぐお母さんには 何のことだか解りません。
お昼ご飯の時間ですもの。急いで、ぐずる女の子の手を引いて、足早に立ち去ります。

花びらは どこへ行ったのかわからなくなってしまいますが、目立つガクはそのままの形で、
お花の根元にたくさん散っています。
後ろ姿を見送りながら、小さい女の子ながらも、的確な連想だなぁと感心します。

でも、この涙は大きいです。
そうですねぇ…見たことはないけど、ラクダさんの涙くらいの大きさです。
しましまでしずく形。たくさん落ちるので…これはきっと おばなですね。

07_0705_wh_campion2.jpg

実はこのお花、ほ乳類と同じ様に、XとYの染色体を持っていて、、
植物の性染色体の進化を研究するのにとっても役立っているんですって。
小さい女の子と 白衣の研究者さん…。
このお花のユニークな姿に加えて、さらに、連想するものが増えました。



秋の花と思っていたけれど、もう咲いていたのは萩の花。
お花の柄が長いので…ヤマハギかな〜?

07_0705_hagi.jpg

夏はこれからなのに、秋の七草の花なんて…気分出ないなぁと思いましたが、
図鑑によれば、ヤマハギの花期は6〜9月でした。あらま、図鑑どおりじゃん。
驚きだなぁ〜。


posted by はもよう at 16:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

オカトラノオ、こちらも撮ってきたところでした。ホントにお山の産です。
それと、マンテマというのですか?面白いですね・・・。
Posted by nakamura at 2007年07月05日 21:59
おはようございます、nakamuraさん。

お山のオカノトラノオですか?
見せていただけるんですよね。楽しみだな。
お山のオカノトラノオは大きくて立派ですよね。(^^)

マンテマは、フクロナデシコ(袋撫子)とも言われる特徴的なガクの形がポイントです。
道ばたの雑草に中にも、花壇からの逃げ出し組がいて、
5/30の「土のうた」でも取り上げられています。(^^)
http://blog.livedoor.jp/ynakamura1/archives/51587134.html
Posted by はもよう at 2007年07月06日 08:51
また、こんばんは。

これはこれは!驚き桃の木山椒の木・・・(笑い)。
違う花のようですが・・・! 
Posted by nakamura at 2007年07月06日 22:31
こんばんは、nakamuraさん。
へへ…、「土のうた」はnakamuraさんのブログでした。(^^;)

リンク先のマンテマはちっちゃいしガクが細いんですけど、
でも質感は一緒なんですよね。

Posted by はもよう at 2007年07月07日 20:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。