2007年06月30日

チガヤ

一日中どんよりとして蒸し暑く、ときおり小雨がぱらつくという、
まさに梅雨らしいお天気でした、うちの方。
昨日はseesaaが不調でブログの閲覧が出来なかったようです。ご迷惑をおかけしました。

今日で6月も終わりですね。HPの方に7月のごあいさつを飾っておきました。

6/30というと思いだすのは、大祓(おおはらえ)。 この日になると祖母が
人の形に切った和紙を持ってきて、家族の1人1人に息を吹きかけさせたものです。
おいなりさんへ持っていって、半年分のケガレを流してもらうんだよって教わりました。
今になってしまえば、
その後どういう風におはらいしたのか…ついて行って見せてもらえば良かったなぁと思います。

さて、この大祓の日に 草で作った輪をくぐり、
厄を落としたり、夏を無事に越せるよう願ったりする習慣が「茅の輪くぐり」。
そしてこれが「茅:チガヤ」です。

07_0630_tigaya1.jpg

ウィキペディアを引用しちゃいますと…

『大祓(おおはらえ)は、6月と12月の晦日(新暦では6月30日と12月31日)に行われる、犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事である。6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月のを年越の祓(としこしのはらえ)と言う。 』

このときに、人の形に切った和紙に息を吹きかけ ケガレを移して燃やしたり水に流したり、
草で編んだ輪っかをくぐるったり…するんですね。
1年の中間地点で、厳しい夏を前にして、もうすぐお盆も来ることだし、
何だかんだで、ここいらあたりで、身を清めておこうかな…と思った人が多かったのでしょうか。

ひろしさんのブログ「舞岡公園の自然」に茅の輪の写真が掲載されました。
こちらです。参考になさってください。


「茅」というのも、だいたい屋根が葺けるような草ならなんでも良かったようで、
アシやススキなども使われたようですが、特に、チガヤが使われるようになったのには、
神話の時代 スサノオノミコトに宿を提供した男が授かったチガヤの輪に由来しているそうで、
チガヤの輪を戸口に掲げればスサノオノミコトの加護が得られて、疫病を避けられると
信じられてきた為だそうです。



そんなこんなで今日はチガヤをご紹介です。
チガヤは イネ科チガヤ属、日当たりの良い乾いた草地に群生する多年草。

07_0630_tigaya2.jpg

↑ひと月ほど前、花が咲きだした頃のチガヤです。
もう少し前の状態、若い穂を「ツバナ」呼び、かすかな甘みがあるので、
子ども達がよく口にしたそうです。

根は「茅根:ほうこん」と呼んで利尿剤にするそうです。

お花の様子をもう少し詳しく見てみましょう。
↓咲き方の違う3本の穂を並べて写真に撮ってみました。

07_0630_tigaya3.jpg

右から けばけばで紫色のめしべがでている穂。
中央は、茶色いおしべのヤク(葯)が見える穂。
そして左が お花の終わった 実の準備中の穂です。

もう、5月の末には、こんな姿が見られました。
草原に並んだ銀の穂がいっせいに風になびく様はとってもきれいでしたね。


茅の輪くぐりを調べていると、「今はチガヤが減っているから…」という記述を
あちこちで見かけましたが、私の身の回りでは道路沿いの緑地帯を中心に
数が増えているような気がするんです。道路脇のチガヤでは、有り難みがないのかなぁ…。


6月にはいると穂がほぐれて、タネが風に散り始めました。
ふわふわの真綿のようになって、それもまた奇麗でしたよ。

07_0630_tigaya4.jpg




↓やっぱり綿毛も ズームアップ!

07_0630_tigaya5.jpg

白っぽいのはタネでしょうか…。ちゃんと実ったのかな?ダメだったのかな?
何だか頼りなげなタネです。めしべのけばけばがまだ残っていますね。
綿毛は細い繊維で出来ていて、四方に開いて風を受けるんですね。


艶やかな繊維です。この日の日ざしを受けて虹色に輝きました。

07_0630_tigaya6.jpg

う〜ん、やっぱり…
スサノオノミコトが下さっただけあって、神々しいかもしれないなぁ。(^^;)←単純

今年もこれで 半分過ぎました。
半年分の厄を落として、残りの半分、また元気に過ごしましょうね。


posted by はもよう at 17:28| Comment(4) | TrackBack(1) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「茅の輪くぐり」の話題が一緒になりました、ね。私は「茅の輪」の写真を掲載しただけですが。
こちらでチガヤについて勉強させていただきました。
Posted by ひろし at 2007年06月30日 22:16
こんばんは。

茅、良いですねえ・・・。
お勉強したから、今度エントリーしましょう(笑い)。
Posted by nakamura at 2007年07月01日 22:15
ひろしさん、おはようございます。
ひろしさんのブログの茅の輪も見せていただきました。
私の身の回りではまだ、見たことがないので参考になりました。
あの輪をくぐりながら八の字に回るんですね。

チガヤは5月から撮っていたのですが、夏越しの祓に絡めて記事にしようと狙っていました。
ただ、この時期になるともう、穂の綿毛も飛んじゃって、どれがチガヤか解りませんね。(^^;)
Posted by はもよう at 2007年07月02日 09:18
おはようございます、nakamuraさん。

チガヤ、好きなんですよ。
そちらの土地でも、銀の穂をなびかせてますか?

草原や大群落の写真は、nakamuraさんにお任せした方がよいようですね。
楽しみにしています。(^^)
Posted by はもよう at 2007年07月02日 09:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

チガヤ
Excerpt:                  「茅」と書くそうだ。 そろそろ終わる時期だが、今年は大群落を見るこ..
Weblog: 土のうた
Tracked: 2007-07-02 23:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。