2007年05月19日

エゴノキとガマズミ

今日は昨日より、さらにお天気が不安定でした。
今日は娘の高校で、保護者会がありましたので行ってきました。
土砂降りだったり、日が差したり…。普通なら困るところですが、
娘の通う学校の窓からは、深い雑木林が見渡せるんです。
何日分もまとめて景色を見たような気がして、ちょっとお得な気分♪


さて、今日も「木に咲く白い花」。まずは「北向き斜面」から。

07_0519_egonoki1.jpg

画面左手前のミズキから、右奥のエゴノキへと「北向き斜面」の
主役交代の場面に立ち会うことが出来ました。

エゴノキは、エゴノキ科エゴノキ属の落葉高木で、別名はチシャノキ。
雑木林に普通に生える、7〜15mくらいになる木です。

07_0519_egonoki2.jpg

この木、この土地に引っ越してくるまでは名前も聞いたことがありませんでした。
でも、今は大好きな木で、この花が咲くのを毎年心待ちにしているんですよ。

春先、毛(星状毛)深い 新芽が枝先にリズミカルに並ぶ 芽吹きの姿も愛らしいし、
秋に実った実からコーヒー豆のような茶色い種がこぼれるのも印象的ですが、
何よりこの清楚な花が、どっさり咲くのが魅力です。

07_0519_egonoki3.jpg

葉の付け根から長い柄でぶら下がった花は、花びらの先が5から、まれに6つに
分かれています。葉に隠れて、うつむいて咲く花ですが、とにかく数が多いんです。

07_0519_egonoki4.jpg

この時期は花盛りの枝の下に立って、見上げてはついついニヤニヤしちゃいます。
奇麗ですよねぇ。


エゴノキの若い実の皮には麻酔効果があって、男の子達が魚を捕る為に川に流したり、
エゴサポニンという物質が入っていて泡立ちが良く、シャボン遊びをしたり、
茶色のタネを拾い集めて、女の子達が小豆の代わりにお手玉に詰めたり…。

里山の子ども達に遊び道具を提供してくれる、とっても身近な木だったようです。

07_0519_egonoki5.jpg


詳しくはHPの方にもまとめてありますのでどうぞ。




さて、もう一つはガマズミの花。

07_0519_gamazmi1.jpg

昨日の記事の、斜面のてっぺんに咲くスイカズラの 
向こう隣もガマズミだったのですが、
あそこにあるなぁ〜と眺める私の目に、スズメバチの姿が飛び込んできました。
スズメバチが番をしているなんて、そんな木には恐ろしくって近づけません。

で、写真を撮ったのは公園内の、去年は猛烈に虫に喰われていた木の、
今年の花の写真です。

07_0519_gamazmi2.jpg


去年は、緑色の部分を全部虫に喰われちゃったこの木でしたが、
今年見たら、復活してお花を咲かせていましたので、うれしくて
何枚も写真を撮って来ちゃいました。

木も、辛抱なんですねぇ…。

07_0519_gamazmi3.jpg

ガマズミは、スイカズラ科ガマズミ属の落葉高木。

小さいお花の集合です。こちらも花の先が5つに分かれる形ですが、
エゴノキが尖っていたのに対して、
ガマズミのお花は丸っこくて、おしべがピンピン目立ってます。
この後、秋には赤い実がなって、おいしく食べられるそうです。


またまた移動して、今度は、別の場所で、下から日に透かして見てみました。
白いレースのようで奇麗です。

07_0519_gamazmi4.jpg

16日は、この辺まで撮ったら、風が強くなってしまって、
ガマズミとエゴノキが並んでいる場所なのに、ツーショットは撮れませんでした。
ちょっと残念でした。

07_0519_gamazmi5.jpg




「木に咲く白い花」今までの記事でご紹介したものは、もうどんどん散っていきます。
こんどはあれかな〜?  こっちかな〜?  急いで記事にしたいけど、
とにかく、多くって♪ 大変です。(^^)


posted by はもよう at 23:24| Comment(2) | TrackBack(1) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずいぶんと丁寧な説明文、惚れこんでいる様子が伝わってきますね。
雑木林のエゴノキが15mになること、今日まさに発見しました。山道を歩いていて、道が落ちた花びらで真っ白でしたが、目の前には花が見えません。ほかの雑木の葉を透かして、高い木の上が白くなっていて気づきました。
ガマズミの葉が全部虫にやられることがありますね。この説明もよくわかります。
Posted by ひろし at 2007年05月19日 23:57
ひろしさん、おはようございます。TBありがとうございました。

丁寧…? くどい…? ふふふ…良く言われます。(^^;)
エゴノキは…はい、図鑑に7〜15mと書いてあったのでそのまま写しました。←こらっ!!
ひろしさんのコメントのを読んで、
まだ見たことの無い方のためには「7〜」もあった方が良いかなと思い、書き足しました。
みんながみんな そんなに大きくなる木じゃないですものね。

ガマズミは、最初の出会いが「この穴だらけの葉っぱは何だ?」でしたので…。
虫が多すぎて、近づきたくなかったくらいでした。
ほとんどの葉っぱを虫に喰われてしまう木って時々あるんですね。
身近でもサンゴジュとかハンノキとか…。
でも、丸坊主になっても、結構、復活するんですよね。
そういうところを見ていると、木ってすごいなって思うんですよ。
Posted by はもよう at 2007年05月20日 11:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

白い花が咲いてた 4  07.5.14
Excerpt: 出かけることが多く、5日ぶりの散策。 新しい白い花が咲き始めていました。 エゴノキ  07.5.14  PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8   ..
Weblog: 舞岡公園の自然
Tracked: 2007-05-20 00:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。