2007年05月14日

ニガナ

爽やかな晴天ですよ、うちの方。街の緑もすっかり濃くなりましたね。
去年は雨ばっかりでしたから、とっても嬉しいお日和です。

さて、お気に入りの観察スポット「隣町の公園裏の北向き斜面」で、
まだ花の咲かないうちから、その可愛い葉っぱを楽しんでいたニガナが咲きました。
可憐な黄色いお花をご紹介します。

07_0514_nigana1.jpg

「北向き斜面」のてっぺんの株です。木の下の、日陰になるところに咲いていました。



ニガナ:キク科ニガナ属。日当たりの良いところに普通に見られる多年草。
茎や葉を切ると苦みのある乳液が出るので、苦菜。
でも、ウサギはこの葉を喜んで食べるそうです。

4/25の記事でご紹介したときは、7〜8cmの長さの葉っぱの束でした。
同じあたりへ見に行くと、

07_0514_nigana2.jpg

こんなに長くなっていました。
ちょっと変化が大きすぎて、よく解りませんね。

見回して…もう少し前の姿の葉っぱを撮影。↓

07_0514_nigana3.jpg

ほら、こうやってね、途中に葉っぱをはさみつつ、細い茎を伸ばしていくんですよ。
茎の先に、細いつぼみが数個付いてます。

これがみんなパッと開くと…

07_0514_nigana4.jpg

茎の細さや花びら(舌状花)の少なさが可憐な感じを、
明るい黄色がハツラツとした感じを かもしだしますね。
ここは日陰なのでお花の付きもこのくらい。ちょっとまばらです。

お花をひとつ撮って拡大してみますね。

07_0514_nigana5.jpg

キク科のお花ですから、これひとかたまりで「頭花」といいます。
頭花は直径1.5cmほどで、普通、5個の舌状花からなる…んですって。

色違いのシロバナニガナ、舌状花の数が多いハナニガナなどもあるそうです。
もっと日当たりの良い方には、舌状花が多いのが咲いたような気がしますが、
このあたりの花はだいたい5〜6個でした。

07_0514_nigana6.jpg

細いリボンを束ねたみたい。
春に咲く黄色いお花は多いけれど、これはいかにも野の花の風情がして、
素敵です。

もう少し陽が当たって、大きな群落になる方は、少し遅れ気味。

07_0514_nigana7.jpg

まだ、準備中でした。
でも、この写真を撮ってからずいぶん経ちますので、そろそろ咲いてるかも♪
今度見に行かなくっちゃ。


ブログ内関連記事:
2007/ 4/25付 「芽生えたての野草たち」 ちっちゃいニガナの葉っぱと去年の花


posted by はもよう at 14:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニガナって、図鑑で見ていても雰囲気がつかめなくて。これだけ写真が多いと、わかりやすいですね。
Posted by ディック at 2007年05月15日 20:38
ディックさん、はい!
これで、明日からバシバシ見つかっちゃいますね、ニガナ。(はは…)
Posted by はもよう at 2007年05月15日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。