2007年05月09日

黄色とピンクのクローバー

写真がいっぱいあるので今日は、二つめの記事も載せておきます。
お気に入りの観察スポット「隣町の公園」でも、その裏の「北向きの斜面」でも
色々な草の花が咲き乱れています。

いくつかまとめてご紹介しますね。
まずは、見慣れたクローバーの仲間から。

07_0509_k_tumekusa1.jpg

白いクローバーに比べると、ずずっと小さいコメツブツメクサ。
時季はずれでお花も小振りになってきたオオイヌノフグリとツーショットです。



図鑑の説明は…
『コメツブツメクサ:マメ科シャジクソウ属、ヨーロッパ、西アジア原産の一年草で、
道ばたや河原などに群生する。別名はキバナツメクサ、コゴメツメクサ。』ですって。

07_0509_k_tumekusa2.jpg

もっと花の付きが良いクスダマツメクサや、実の形が違うウマゴヤシ属のお仲間など
そっくりさんも多いのですが、
図鑑の写真と見比べて、これはコメツブツメクサで良いと思います。

アップの写真だと、大きさが 今ひとつよく解りませんよね。
では今度は、比較対象物と一緒の写真を。

07_0509_k_tumekusa3.jpg

テントウムシです。どこにいるのか解ります?
この写真を撮ってから、また日が経ちまして、昨日見て来たのですか、
もっと勢いよく繁っていました。
ナリは小さいけれど殖える気満々な様です。



07_0509_clover1.jpg

こちらは普通のクローバー。シロツメクサとも言いますよね。
ヨーロッパから送り出す品物の緩衝材として詰められたのが、ツメクサ(詰め草)の
名の由来だそうですが、直径1cmほどの花をアップにして良く見てみると、
小さな花の集合だと言うことがよく解ります。
しかも、その花のひとつひとつが、しっかりマメ科らしい蝶形花なんですよね。

とっても精巧できれいな造りの花で、ため息が出ます。




さて、隣町の公園ではピンクのクローバーも見つけました。

07_0509_clover2.jpg

大きくて赤紫色の花を咲かせるムラサキツメクサというのもありますが、
これは普通のクローバーです。
ただ、赤みがさして、とっても可愛い表情になっているだけ。
たま〜にあるんですよね、ピンクのクローバー。
四つ葉よりは、ありふれていると思いますよ。


公園や土手にクローバーが咲き始めると、初夏だなって思います。
大好きな季節なんです。大いに楽しまなくっちゃ♪(^^)


あと、これはおまけ。
公園の花壇に咲いてた ミヤマっぽい園芸種のオダマキ。

07_0509_odamaki.jpg

私が子どもの頃、祖母が買っていたのと良く似たお花。
これこれ、これが私にとっては懐かしい、おばあちゃんのオダマキです。
写真に撮れて良かったわ。(^^)v


posted by はもよう at 23:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、今年はじめてこの花を知りました。
本当に米粒みたいに小さい花の集まりですね。
「ウマゴヤシと見間違えたのではないの?」と言う人もいましたが、この小ささは間違いないですよね。
Posted by ひろし at 2007年05月10日 21:31
こんばんは、ひろしさん。

何だかんだ言っても、やっぱり同属ですね。
コメツブツメクサは、シロツメクサ等にそっくりです。
特に、葉っぱが似ていますよ。
Posted by はもよう at 2007年05月10日 23:42
こんばんは。

オダマキですが、この写真は園芸種ですか?
こちらを日本オダマキかと思っておりました。背の高くなるスマートなのは・・・???
はもよう研究室のご教授を・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2007年05月12日 22:01
nakamuraさん、こんばんは。
はい、残念ながらこれは園芸種です。
ただ、日本のお山にある「ミヤマオダマキ」を元に作られたので、
かなり元の形をとどめています。

背が高くなるのは「ヤマオダマキ」を元にした園芸種かもしれないですね。 

カナダオダマキなんて言うものあるから、
西洋のはまたちょっと姿が違うのかな?と思います。

オダマキは、何だか毎年、どんどん派手なのが園芸店に出てきますよね。

でも、これ、ほんと懐かしいです。(^^)
Posted by はもよう at 2007年05月13日 00:15
ええと、舞岡公園にあったやたらと巨大なやつは、ムラサキツメクサなんでしょうか?
高さ30cmくらいまでありましたが。
根岸森林公園で最近増えているシロツメクサよりも大きめの、でも舞岡公園の半分くらいのは、何なんだろう? 
でも、どちらも葉の表面の葉柄側の辺りが色が薄くなった模様になってます。
ますます、悩みは尽きません。
Posted by ディック at 2007年05月15日 20:58
ディックさん、こんばんは。
大きいのは多分ムラサキツメクサ(別名アカツメクサ)だと思います。
この時期になると草丈が30cmあるものもそう珍しくないです。
花の固まりの部分の大きさは、株によって違いますので、
シロツメクサと、そんなにかわらない大きさのムラサキツメクサもありますよ。

受粉が済んでも 個々の花は下を向かないこと、
花の下に 一対の葉っぱが付くことなど、
大きさと花色以外のムラサキツメクサの特徴も押さえてから、
もう一度見に行かれると良いと思います。
Posted by はもよう at 2007年05月15日 22:53
また、こんばんは。

>はい、残念ながらこれは園芸種です。

ははは・・・冷たいご回答で、残念です(笑い)。
Posted by nakamura at 2007年05月16日 21:55
あらっ、nakamuraさん
冷たかったかしら?
でも、この花、ずっと探してたので、私はうれしいんだけど。(^v^)

nakamuraさんのお庭のは山野草の売り場で買ったんですか??
Posted by はもよう at 2007年05月16日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。