2014年08月04日

エンジュのつぼみ

はい、以下同文です。仕事のある日はクーラーの効いた場所にいられます。
家事は片付かないけれど、お金になる上に快適です。(-人-)ありがたや〜。
西の方では台風が暴れて居るんですもの、ちょっとやそっと蒸し暑いくらい
じゃ文句も言えません。避難している方もいらっしゃるわけですからね。
台風が早く通り過ぎますように。(>人<)全力でお祈りしておきます。

記事の方は7月の半ばに、近所と公園で見かけた木の話。

14_0804_mukuge.jpg

こちら、白いムクゲです。涼しげですねえ。大きさが解らないと、アオイ科
のお花って区別付きにくいですね(^^;)。





次は、その前日。買い物ついでに見上げてきたエンジュ。
ハリエンジュの、元になったエンジュです。ハリ(トゲ)のない方ね。

14_0804_enju.jpg

説明は過去記事をちょいと貼って ♪

〜〜〜〜〜2006/12/ 7付 「街の樹たち その3」より〜〜〜〜

原産地の中国ではおめでたい木として、大事にされているそうです。
中国名は「槐(ファイ)」。学問と権威の象徴ですって。
日本には仏教の伝来と同じ頃、渡来したと言われれています。
つぼみを止血剤に用いるそうで、最初は薬木として植えられたようです。
エンジュという名は、古名えにすが変化したものだそうです。

最近、街路樹で時々見かけますよね。排気ガスに強いんだそうです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

だいぶ強剪定されましたので、樹形は今ひとつですが、あとで満開の所も
撮ってあります。途中がぷくっと膨れる豆のさやが付きます。



さて、舞台を移していつもおさんぽしている公園へ。
まずは、オニグルミ…

14_0804_oni_g.jpg

前回はテウチグルミしかご紹介できなかったから、今度はちゃんとオニグルミも
撮ってきました。たくさん実が付くよねぇ。重そう。


もちろんテウチグルミの実も健在です。

14_0804_teuti_g.jpg

だんだん実が落ちなくなって来ました。今年は最後まで実れるかな?
オニグルミよりテウチグルミの方が、殻を割り中身を食べやすいそうです。
八百屋さんで買えるのはたいていテウチグルミの方らしいです。



あっちこっちの木の下には苔が元気に茂っています。

14_0804_koke1.jpg

これは落ちた枝じゃなくて、露出しちゃった根っこです。
苔をアップにすると

こんな感じ。

14_0804_koke2.jpg

前にご紹介したのとはまた、ちょっと違う苔です。なんて言うのかな?
雨と日差しでぐんぐん育っています。



苔の続きで地面の近くにお花を見つけました。ヒメヤブランの群生です。

14_0804_h_yaburan.jpg

まあ、写真だけじゃ解らないけれど、ここ、私が初めてヒメヤブランを見つけ
た場所です。群落が栄えたり、消えかけたりしていたけれど、ちょっと見ない
間にずいぶん花の数が増えていて、なんだか嬉しい限りです。



最後のおまけ画像はオニユリの花。

14_0804_oniyuri.jpg

近所の花だんで咲いていました。
隣町の「北向きの斜面」より、いつもおさんぽしている近所の公園の花だんより
早い開花でした。

オレンジ色で点々模様付きが、赤ら顔の鬼を連想させたそうです。
こんなに可愛いお花を見て何を考えているのかしら?名付けた人は(^m^)。




次の記事は7/19に公園で撮ってきた写真の続き。うっかり写り込んだ小さな
虫さんたちも一緒にご紹介しますね。


posted by はもよう at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403194038
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。