2014年07月16日

ユリの咲く花だん

今日も以下同文。汗が止まりません。(^^A)ペットボトルをかたわらに風通しの良い
服装で家事をこなしております。窓の外からはセミの声。昨日まではニイニイゼミで
今日の午前中はミンミンゼミ。そして、夕方からはアブラゼミが鳴き出しました。
これからしばらくセミ声コンサートが続きます。最近は熱帯夜には、夜通し公演も
開催される予定。たっぷり堪能させていただきますわ(^^;)。

さて記事の方は、雨のおさんぽが終わった翌日、6/29の写真から。←まだ6月!
翌日は良く晴れて、ご機嫌でご近所の花だんを一巡り。いえね、ユリの花が綺麗
だったものですから。

14_0716_yuri1.jpg

花だんのユリはたいていは園芸種。品種名まではとても判別できませんが、まあ、
何系か…と言うくらいは解るかな?
でもって、このピンクのは鹿の子ユリの系統かしら?くりんくりんの花びらが愛らし
いです。





ユリの花も、リレーをつなぐように次々といろんな品種のお花が咲いて行くんです
よね。1番手は、上を向いて咲くスカシユリかな?写真はぎりぎり残っていた一輪。

14_0716_yuri2.jpg

花びらの付け根に透き間があるからスカシユリ。他のユリほど背が高くならないの
も特徴的。オレンジ色が、たぶん基本カラーだと思いますけれど、多彩な花色の
園芸品種が植えられています。


次が、横向いて咲くテッポウユリかな。6月の末でもうすでに、終わりかけてます。

14_0716_yuri3.jpg

白が基本で、細長いお花。あんまり花びらも反り返らなくておとなしくて清楚な感じ。

外来の帰化植物で、各地で野生化している新テッポウユリはこのあと、旧盆をすぎて
から目立ち始めます。


ここに載せたのはもう散ってしまったユリ。

14_0716_yuri4.jpg

黄色いこれは何系かな?

このあとは、山ではヤマユリやオニユリ、花だんではハイブリットと呼ばれるあれ
これかけ合わせた 豪華な大輪が咲き出します。




お花の形は似ているけれど、こちらはワスレグサ属のヘメロカリス。
ヤブカンゾウやノカンゾウに近い種類です。

14_0716_hemerocallis1.jpg

ベルベットみたいな濃い赤の花や、2色のもの、

14_0716_hemerocallis2.jpg

黄色のものが、近所の花だんに植えられていて、いつも楽しみに眺めています。

14_0716_hemerocallis3.jpg

どれも一日花。儚く消えちゃうから、辛いことも忘れましょうと言うことで
ワスレグサ。



そういえば、これ、なんの仲間でしょうね。

14_0716_nan_nohana.jpg

いつも見慣れたお花の中に、これだけ新顔が咲いていました。

第一印象は フリージアの変わり咲き?だったのですが、どうも、フリージアは
春の花。初夏には咲かないようです。しかも、変わり咲きで検索しても、似たのは
ひとつも見つかりません。あれやこれや、思いつくのは片っ端から検索しましたが
結局お手上げです。植えてくれた人を探した方が早いかしら?(^m^)
またしばらく悩んでみようと思います。



そばに咲いていたのはオオバギボウシの仲間、園芸店では「ホスタ」の名前で
並んでいます。

14_0716_hosta.jpg

たっぷり咲いたアナベル(亜米利加糊ノ木)の真ん中に、花の穂だけ出して咲いて
いました。自慢の葉っぱはちょっと見えません。ほんのり紫のお花が素敵です。



そうそう、ヤマアジサイの「紅」、赤くなってましたよ。

14_0716_kurenai.jpg

ほら、ここまで赤くなるから「紅」なんですね。アジサイとは思えないほど鮮やか。



それから、ああ、今年もタイミングを逃しました。ソテツの葉っぱ。

14_0716_sotetu.jpg

新芽が出て、くるくるしているところを撮りたいのですが、気付いた時には
また、あらかた伸びちゃったあとでした。また、頑張ります。




あとは「メドー・セージ」改め「サルビア・グラティニカ」。

14_0716_s_guaranitica.jpg

陰のような濃い青のお花が咲き出しました。涼しげだわぁ。



それから、6/29にはまたつぼみだった、アガパンサス。

14_0716_agapanthus.jpg

夏に咲く愛の花、アガパンサス。こちらも涼しげな薄紫。



まあ、写真を撮ったのは半月も前、もう咲いてますけどね。今盛りです。
でも、6月の写真はまだあるので、もうしばらくお付き合い下さい。

このあと、いつもの公園とその先の雑木林まで足を伸ばしたんですよ。



posted by はもよう at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。