2014年07月15日

苗代苺と楮の実

今日も暑かったですね。そんな中、ちょっと遠くまで電車に乗って出掛けてき
ました。ホームは暑くて、電車の中は涼しくて…ほんと、体温調節が難しい。
頑張ろう、休み休み(^^*)

記事の方は、また、6/28に隣町で撮ってきた写真から。
ケバケバボールの時代から、楽しみにしていたのに、今年はちょっとシーズンを
逃しちゃいました、コウゾの実。

14_0715_h_kouzo1.jpg

かろうじて、葉っぱの陰に赤い姿を確認したのみです。





本当は見上げて、半分光を通した姿がお気に入りなんですが、なにぶんこの日は
雨でして、カメラを上に向けたらレンズに水滴が点々と付いちゃうし、なにより
大事な精密機械、壊れちゃったら大変です。

14_0715_h_kouzo2.jpg

お気に入りの姿はまた来年ねらうことにして、今年のコウゾはこれで我慢。

でも、この辺で一番綺麗な木苺の実は、ちゃんと撮ろう。

ではでは、「北向きの斜面」の反対側の端へ、綺麗な木苺の実を探しに行くぞ。



で、途中で見かけたのはウワミズザクラの実。

14_0715_uwamizu_z.jpg

秋を待たずに赤くなります。
まだだけれど、いつ赤くなるかな?来るたびチェックします。


ウワミズザクラの実の下には、穴の開いた葉っぱがいくつも。
ちょっと前なら、よけて通る虫食い葉。でも、食べあとから、食べた虫さんが
思い浮かぶようになれば、それはまたそれで楽しみの元になります。

14_0715_musikui.jpg

たとえば、しゅんしゅん伸びた木の枝はムラサキシキブ。ぽつぽつ穴を開けるのは
金ぴか虫のイチモンジカメノコハムシかもしれないし、大きなクズの葉の端っこを
こんな風に食べ残すのは葉上の哲学者オジロアシナガゾウムシかもしれないんです。
たとえ姿が見えなくても、ああ、今年も元気だなって思えればそれもまた嬉しい
ものです。

2007/ 6/29付 「6月に出会った虫たち」 オジロアシナガゾウムシ
2013/ 6/14付 「金ぴかの虫3種」 イチモンジカメノコハムシ



「北向きの斜面」の反対側、カタクリの保護地のちょっと先、雨が似合う紫陽花が
ひと株。

14_0715_s_ajisai1.jpg

遠くの木立がかすんで見える雨の日ですよ。山用のレインポンチョが快適で、
苦もなく写真を撮っているから、雨だってことを忘れそうです。

14_0715_s_ajisai2.jpg

周り中、魅力的な野草ばかりなのに、どうしても植えたかったんですかね、
可愛いデザインの園芸品種のアジサイです。



前に来たときに、ナワシロイチゴがたくさん咲いて居たのを確認した茂み。

14_0715_nawasiro_i1.jpg

ピンク色だったお花が赤い実になっています。

14_0715_nawasiro_i2.jpg

ナワシロイチゴの葉っぱよりも目立っちゃっている笹の葉をどけつつ、綺麗な実を
選びます。

これなんかいかがでしょう。

14_0715_nawasiro_i3.jpg

う〜ん、美味しそうに実ってますねぇ。
でもまだ、あとほんのちょっとだけ、早いかな。

14_0715_nawasiro_i4.jpg

よく見ると、まだ色づきかけの実も多数。
なかなかねぇ、タイミングって難しいです。

でも、案外、ナワシロイチゴの実って、長く残っているので、また次のチャンスを
ねらおうと思います。
とりあえず今回は、この、色づきかけの木苺を。次回はもっと赤い実を探します。



そういえば、きのこもいくつか見かけました。

14_0715_kinoko1.jpg

サルノコシカケと同じ様な多孔菌。
うんと大きく育ったのに根元から折られちゃってました。

それから、芝生に生えていた白いきのこ。

14_0715_kinoko2.jpg

雨がお似合い。可愛いきのこ。きのこを見かけることも増えました。いずれ
撮り貯めたものを見ていただこうと思っています。



posted by はもよう at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。