2014年07月06日

ノハナショウブの花

今日は午前中なかなか雲がとれなかったけれど、それでも久しぶりに一日中
晴れました。家族の寝具やパジャマやジーンズ。いろいろ洗って布団も干して
掃除機もかけて、ああ、満足。ついでに公園もちゃんと一周してきたし、
ホームセンターに買い物にも行きました。やっぱり晴れてるって良いなあ。
梅雨明けが待ち遠しいです。

記事の方は…せっかくの青空の日になんですが…、やっぱり6/8の写真の続き。
芝生広場を見て、人工の小川の方へ。おお、ノハナショウブが咲いてる。

14_0706_nohana_s1.jpg

今年もこの季節ですか。






いつもおさんぽしている公園には大きな2つの池とそれをつなぐ小川があるんです。
隣町の公園には無い水辺で、水辺ならではの生き物や植物を眺められるのが
嬉しいところ。

梅雨の末期には流れのほとりに植えられた濃い紫のノハナショウブが咲いて
くれます。

14_0706_nohana_s2.jpg

粋な色ですよね。この、濃い紫色。ほれぼれしちゃう。

シャガ、イチハツ、アヤメ、キショウブ、ダッチアイリス、ジャーマン
アイリス…アヤメの仲間が次々咲いて、これが最後かな。

14_0706_nohana_s3.jpg

この公園の水辺にも、色々な花が植えられ、色々な草が見られましたが、
結構移り変わりも激しくて、今は、池ではスイレン、川辺ではこの、
ノハナショウブが一番元気かな。

アヤメにあった花びらの付け根の文目模様も無く、庭園に植えられる
園芸品種のハナショウブほどの飾りもなく、ノハナショウブの花は
いたってシンプル。

14_0706_nohana_s4.jpg

垂れた花びらに黄色い筋がすっと入っているのくらいでしょうか、装飾は。
その辺の潔さも魅力かな。



おなじ水辺には、丸い葉っぱのネコハギと、細い葉っぱのハイメドハギが
茎を伸ばし始めていました。

14_0706_neko_haimedo_h.jpg

秋のお花シーズンまでに、夏の雨と日差しを糧にぐんぐん蔓延ります。
頑張れちっちゃな萩の仲間。



水辺を離れて雑木林の方ではつんつん組の交代式が済んでいました。

春先、タケノコみたいな見かけで地面からつんつん顔出したマムシグサが、
まさかの 蛇のかま首みたいな花を咲かせて

14_0706_mamusi_g.jpg

緑のつぶつぶの実になったあとで…

この実は秋に、棒に筋子を刺したような見かけになる予定。…

本家のつんつん、本物のタケノコが次々顔を出していました。

14_0706_takenoko.jpg

まさに、雨後の竹の子。いや、この日は雨降ってる最中だったけれど(^^;)。



公園の木の陰ではそろそろ花期も終わりのホタルブクロが濡れていました。

14_0706_y_hotaru_b.jpg

ガク(萼)に反り返ったところがないからこれはヤマホタルブクロかな。
白いのは何度も写真に撮った株です。



雨に濡れて喜んでいる葉っぱがあります。大きなイチョウの幹のノキシノブ。

14_0706_nokisinobu1.jpg

晴れると小さく縮こまって、雨が降ると葉っぱを広げます。

樹皮を流れる水分だけで生きて居るんですよね。いくら羊歯の仲間だって
言っても、それはそれですごい暮らし。

14_0706_nokisinobu2.jpg

下からのぞくと、丸が2裂に並んでいるのがノキシノブの目印。
胞子らしいですよ。雨が多いこの季節は せっせと作って飛ばすのに忙しい
のかな?




雨の中のおさんぽで撮ってきた写真、今度は私の好きなつる性植物を見てい
ただきましょう。



posted by はもよう at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401143770
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。