2014年06月14日

ユリノキの花

今日は久しぶりに一日良く晴れました。爽やかな青空を久しぶりに見ました。
窓を開け放って掃除機かけて、家族みんなの寝具を洗って、お布団を干しました。
今夜はきっと気持ちよく眠れます。明日は何を洗おうかな?

季節をずっと過ぎちゃったから忘れていると思われちゃったかな。でも、ちゃんと
撮っておきましたよ、ユリノキのお花。

14_0614_yurinoki1.jpg

もう咲いてると思ってあわてて行ったら、ちょっと盛りを過ぎちゃっていました。
ゆりのきファン倶楽部の皆様、今年のお花は見られましたか?





明治時代、街路樹にするために日本に取り入れられた北米原産の落葉高木。

14_0614_yurinoki2.jpg

乾燥続きのあとに雨が降った5/21、上を向くとレンズが濡れちゃうけれど、
お天気を待ってると散っちゃいそう。



公園の入り口にはクワの木。実が赤くなってきました。

14_0614_kuwa.jpg

この頃、黒っぽく実るまでもうちょっとと言うところでした。


足元の植え込みでは白いシャリンバイも奇麗に咲いていました。

14_0614_sharinbai.jpg

シャリンバイも黒っぽく実るけれど、まだちょっと時間がかかります。



改めてユリノキの下です。
可愛く芽吹いた新芽が十分広がって見上げてもお花が見えにくいかな。

14_0614_yurinoki3.jpg

ユリノキって言うけれど、お花はどちらかというとチューリップ似ですね。
大きさもそのくらい。結構大きいのに目立たないのはこの色のせい。

14_0614_yurinoki4.jpg

わさわさ茂り始めた葉っぱの陰の黄緑色なんて、まあ、見つからないですよね。
でも、蜜はたっぷり出すんですよ。虫さんたちには違って見えるのかなあ?

14_0614_yurinoki5.jpg

葉っぱははんてん(半纏)やTシャツの形、お花はチューリップで、若い実は
オクラ。熟してタネになるとバトミントンのはね(シャトル)にそっくり。

14_0614_yurinoki6.jpg

こんな木 なかなか無い。かなりユニークな木なんですが、そこいら中に植栽
されているプラタナスと間違われて、あんまり、気にとめてもらっていない
ようです。

見落とされがちなユリノキの魅力を語るゆりのきファン倶楽部。
加入も活動も自由です。いつでもお待ちしていますよ。

14_0614_yurinoki7.jpg

芽吹いたときにバンザイしているような、手を振っているような形に姿を
現した新芽はこんなにふさふさに茂りました。お花のあとも良く茂って濃い
木陰を作ります。



4月にたくさん咲いたサクラのお花は、この日、このくらい赤い実になりました。

14_0614_sakura.jpg

熟し切ったら黒くなるし、渋くてとても食べられたものじゃないけれど可愛いな。


いろんなことがあって、うっかり撮りそびれちゃいそうだったユリノキの花。
画質は今ひとつでも、とりあえず撮れて良かったです。




同じ日、ついでに撮ったお花の写真。次に記事でご紹介します。





posted by はもよう at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆりのきファン倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。