2014年06月13日

ガマズミの花

やっとseesaaブログのメンテナンスの影響がおさまってきたみたいです。
更新するのに時間がかからなくなりましたので、一気に記事をあげました。

今日もお天気不安定でしたねぇ。晴れれば強い日差しで焦げそうになるし、
降れば土砂降りでひんやり。空には大きな入道雲がもくもく。
夕方にはちょっとだけですが虹も見かけました。
気象スペクタクルもいいけれど、被害の出ない範囲でお願いしたいです。

記事の方はまた、5/17に撮った「木に咲く白い花」。

14_0613_gamazumi1.jpg

今度はアンティークレースみたいなガマズミのお花です。






これも隣町の公園にあって、このブログで何度もご紹介している株です。
初めて出会った頃はまだ若木で、葉っぱが猛烈に虫に食われていて、大丈夫かな?
って心配した株です。

14_0613_gamazumi2.jpg

年を重ねて、だんだん大きくなり、虫への耐性も出来てお花をたくさん咲かせる
ようになったのを喜んだこともあったのに、有る年の台風で一番太かった幹を
折られちゃった不運なガマズミ。

14_0613_gamazumi3.jpg

だいぶ復活して、株いっぱいにお花を咲かせていました。
長生きの樹木だって、良いときも悪いときも乗り越えて生きて居るんですね。

ガマズミのお花のアップです。ひとつひとつの花は小さいんですよね。

14_0613_gamazumi4.jpg

一生懸命に伸ばしたおしべが可愛いでしょ。

お茶漬けのあられみたいな小さいつぼみも可愛いな。

14_0613_gamazumi5.jpg

つまんで食べたら香ばしそう。

まだまだ葉っぱの虫食いは多いけれど、去年も一昨年も赤い実をどっさり付けて
いました。

14_0613_gamazumi6.jpg

今年もきっと、ルビーみたいな赤い実をどっさり見せてくれるはず。
綺麗なお花を見せてくれてありがとうね。また、会いに来るね。



この場所には白いお花を咲かせる木が3種類 かたまって立って居るんです。

14_0613_egonoki.jpg

ご近所のエゴノキは、まだ、お花を咲かせていました。

リョウブはつぼみの準備中。

14_0613_ryobu.jpg

リョウブが咲いちゃうと、初夏の木に咲く白いお花のシーズンが終わっちゃうので、
ゆっくり準備してねって思います。



園内あっちこっち寄り道しながら歩いていって、別の若い株の前。

14_0613_gamazumi7.jpg

若いガマズミはまだあんまりお花が咲いていませんでした。

ほら、更に あられみたいなつぼみです。

14_0613_gamazumi8.jpg

若い株はゆっくり咲くんだね。なんでも一斉に咲いちゃったら楽しめる期間が
短くて寂しいから、早いの遅いのいろいろあって、長く楽しめる方が嬉しいな。
ゆっくり咲いてね、ガマズミの白い花。



で、今回のおまけ画像はハコネウツギのお花。

14_0613_hakone_u1.jpg

いつも無理矢理 白い花の仲間に入れちゃうけれど、今回はちょっと出遅れて、
だいぶ色付いちゃいました。

14_0613_hakone_u2.jpg

白く咲き始めて、だんだん赤くなっていくハコネウツギ。
これは、ハコネウツギって言う木があるのを初めて知ったときの、記念すべき
株のお花です。




さて、明日のお天気はどうかしら? 明日の記事は何にしようかしら?
いろいろ未定ですが、引き続き、p(^へ^)頑張ります。




posted by はもよう at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。