2014年06月13日

フタリシズカの花

seesaaメンテナンスの影響、今日はどうかな。繋がりにくくてアップに時間が
かかっています。記事は日数分有るんだけれど、更新できないで居ます。

2014/06/11

道ばたの草の夏支度、どんどん進んでいきますね。春の花はタネになり、夏の花の
姿がだんだん増える5/17の道ばたと、公園の草地。

14_0611_m_katabami.jpg

いろいろ見つけたものを並べてみます。まずは隣町へ行く途中の道に咲いてた
ムラサキカタバミ。淡い色が涼しげです。





この日は午後からのおさんぽ。お天気は良く晴れて暑いほど。そして、道ばたで
ちっちゃい葉っぱに足を止め、

14_0611_hotaru_b.jpg

うわっ、もうホタルブクロが出てる…なんて言ってた5月半ば。

コヒルガオがとっても綺麗に咲いていたり…

14_0611_kohirugao.jpg

だいぶヒルガオよりのピンクのお花だけれど、あの場所に咲いていたからたぶん…
コヒルガオ。夏の顔ですよね。



で、隣町の公園について、まず、今日はニガナが盛りだなって思いました。

14_0611_nigana1.jpg

日向にズラ〜っと。

日陰にもちらほら。

14_0611_nigana2.jpg

舌状花5つの ほんとシンプルなお花なんですが、たくさん咲くと見応え有ります。




公園のとある一角、ニガナが広がる隣にはヤマユリがたくさん植えられています。

14_0611_yamayuri.jpg

ひょろっと伸びてきたこの茎はヤマユリの茎。真夏に大きくて 薫り高い白いお花を
咲かせるユリです。またたくさん見られますように。(-人-)お願いします。



同じ黄色でもこちらはブタナ。日向の芝生広場にたくさん咲いていました。

14_0611_butana.jpg

故郷はヨーロッパなのですが、すっかり日本の風景にとけ込んじゃいましたね。
もうじき ちょっと茶色い綿毛になります。



おさんぽ進んで、雑木林の林床。足元に現れたのは夏の花、コナスビ。

14_0611_konasubi.jpg

地面に広げた葉っぱの下に咲くので、頑張らないと会えないお花です。


こちらはか細いトウバナのちっちゃいお花。

14_0611_toubana.jpg

いつもお花が終わってから気付くから、咲いているところを捉えられて良かったと
思ったけれど、出来上がった写真を見ると、まあ、地味だなあと苦笑い。



で、この日もうひとつ見つけたのがこのフタリシズカ。

14_0611_f_sizuka1.jpg

亡霊と2人で舞う静御前を連想したと言われるこのお花の穂。

14_0611_f_sizuka2.jpg

2本以上の株もありますが、亡霊多すぎだと怖いので、フタリシズカで十分です。

こんな地味な草に、優雅な名前を付けたもんですよね。ところで、静御前は
このお花に名前をお借りしたこと、どう思っていらっしゃるんでしょうね。


雑木林の方にもニガナがどっさり咲いていました。

14_0611_nigana3.jpg

おお、ところどころに舌状花6個のサービス品が混ざってる。お得感〜!



こちらは一足早く出来ていたオオジシバリの綿毛。

14_0611_o_jisibari.jpg

舌状花の数が、ニガナよりはちょっとだけ多かったけれど、タンポポと比べたら、
ずいぶんスカスカな綿毛です。でもそのシンプルさが好きなんですけどね(^^*)。
この日盛りだったニガナもきっと今頃は、どシンプルな綿毛になっている頃。
また見に行きたいな。



帰り道、見かけたのは、これから飽きるほど会うドクダミの花。

14_0611_dokudami.jpg

いや、綺麗ですよ。白い十字のお花。可愛らしくて清楚で。
ただね、うっかり踏んじゃったり、草取りしていて引っこ抜くと、やるせないほど
青臭いけどね。



次は、同じ日5/17に見かけた 白くない木の花などを まとめてご紹介します。




posted by はもよう at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。