2014年06月01日

ポプラの綿毛

いやぁ、大変ですよ、暑くって。日中何度か救急車のサイレンを聞きましたよ。
ダメですよ、無理しちゃ。
それでも今日は貯めちゃっていた資源ゴミを回収に出して、町内会の清掃にも参加。
朝早くから3日分くらい働いたので午後はのんびり過ごしました。体が暑さに
慣れるまでは、無理は禁物です。なにせ、今までない天候なんですから。
休み ♪ 休み ♪ 頑張りましょうP(^へ^)。

記事の方はまだGWです。すいません、遅くって(^^;)。
5/4のいつもおさんぽしている公園。

14_0601_k_poplar1.jpg

この日は居並ぶカロリナポプラが、綿毛を飛ばしていました。





池の水面に浮かぶ綿毛です。

14_0601_k_poplar2.jpg

ポプラもヤナギの仲間。ヤナギの仲間はだいたい、水辺好き。たっぷりの綿に
包まれた小さなタネはどこへでも飛んでいけそうですが、川の流れに落ちたのも
こうして遠くまで流れていくんだろうなあ。そしてまた水辺で芽を出したりね。

いつもおさんぽしている公園では初夏の数日 こうして雪が降っているように
見えるほど、綿毛が飛ぶんです。遊んでいる人たちは気にしてないみたいです
けどね(^^A)。

お隣の中国では柳の綿毛が飛ぶのを「柳絮(りゅうじょ)」と呼んで季節の
風物詩として取り上げているそうですよ。

14_0601_k_poplar3.jpg

いつもお散歩している公園には、ほっそりのっぽな ヨーロッパ出身の「ポプラ」と、
北アメリカ出身のカロリナポプラの2種が植えられています。以前はポプラの
雌株もあったのですが、年を経るうちに失われ、今はカロリナポプラしか綿毛を
飛ばしません。

風が吹けばこうして枝が折れて落ちてくるし、背が高いのに、びっくりするほど根が
浅くて、台風のたびに仲間を減らしているけれど、いつまでもそこで立っててね。
2列に並んだ、2種類のポプラちゃん達。

2007/ 5/24付 「我が街の「柳絮(りゅうじょ)」」
2008/ 5/14付 「カロリナポプラの綿毛」
2011/ 4/12付 「ポプラ 咲く」


この日の公園、「木に咲く白い花」あとではご紹介するとして、先にその他の木の様子を
いくつか記録しておきます。

まずはスダジイ。

14_0601_sudajii.jpg

若葉と花の穂で、ひととき金色に染まります。一年中暗めの緑色なので、年に一度の
晴れ姿です。


同じように常緑のシラカシもお花を準備中。

14_0601_sirakasi.jpg

後でどんぐりになる方のめばなは目立たないけれど、おばなは長い穂になります。
まあ、この辺のお花は青臭い上に生臭いので、咲いてもあんまり喜ばれませんけどね。



水辺のオニグルミにもお花が咲いていました。

14_0601_o_gurumi1.jpg

葉の下に長く垂れ下がるのがおばなの穂で…

葉の上に赤く直立するのがめばなの花の穂です。

14_0601_o_gurumi2.jpg

今はか細く小さな花ですが、これが夏中ぐんぐん育って、たわわな胡桃の実になります。



実と言えば、3月にお花を眺めたアンズも実になっていました。

14_0601_anzu.jpg

5/4じゃあ、まだ青いです。
特別な手入れはされていないので、そんなに大きくなりませんが、梅雨の頃、オレンジ色に
熟します。2月に眺めたウメたちも、続々実っている頃でした。



お目覚め遅めの芽を吹く木もありましたよ。
こちらはアキニレ。

14_0601_akinire.jpg

お花も実も秋に一気に済ませて、春はちょっとお寝坊。
のんびり屋さんのライフスタイルをとっております。


そして、夏中咲いてるサルスベリも、お目覚めは遅め。

14_0601_sarusuberi.jpg

可愛い丸っこい葉っぱを並べました。
あっという間に花の穂を出して、梅雨明け頃から秋風立つまで、ずっとずっと咲いてます。
これから準備が忙しそうね。うどん粉病にも弱いので、管理人さんには気を付けてもらえ
ると良いね。


こちら、雑木林の木陰で開くタニウツギ。

14_0601_tani_utugi1.jpg

うっとりしちゃうようなピンクのお花です。
これから咲く予定のハコネウツギよりは細いし、色変わりもしないけれど、透明感が
有って、とっても素敵なお花です。ただ、とっても写真に撮りにくい(T^T)。


さて、これ、悩ましいのですが、この花の下の方に咲いていたたぶんタニウツギの花。

14_0601_tani_utugi2.jpg

でも、若干、赤花のハコネウツギにも見えてちょっと悩み中。
公園の管理人さんはどれにもかまわずタニウツギって名札を付けちゃうので、さらに
悩み深まっちゃう今日この頃です。


タニウツギが咲いたってことは「ウツギ」と名の付く花も続々咲いちゃうんですねぇ。
いくつ会いに行かれるかな?






posted by はもよう at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。