2014年05月28日

ヤマツツジとツリバナ

今日は午後から良く晴れて良いお天気になりました、うちの方。なかなか出来ないで
いた場所の掃除が済んで、今日は清々しい気分でした。それにしても暑くなりました
ね。これからまだまだ気温の高い日が続くそうです。水分補給を忘れずに、暑さに
体を慣らしていきたいです。

記事の方はまだまだ4月の写真です。4/29のおさんぽ、今度はオレンジ色の
ヤマツツジと…

14_0528_y_tutuji1.jpg

今年も楽しみ皆ツリバナを見ていただきましょう。





隣町の公園の裏は、じつはサクラとツツジの名所なんですよ。
今年はツツジに強剪定が入っちゃって、どれだけ見られるかな?って感じですが、
タネが飛んだのか、元からそういう植生なのかは解らないのですが、周りの雑木林
にも、結構ツツジが紛れ込んで咲いています。

14_0528_y_tutuji2.jpg

ツツジは独特なお花で、仲間だって言うことはすぐに解るのですが、仲間のうちの
どれなのかと言うことになるとちょっと判別しかねるお花です。
なにせ、図鑑には何種類も載っているのに 違いが全然分からないし、web検索で
見分けポイントを探しても細かすぎてチェックしきれないんですよ。(^^;)
たぶんヤマツツジです。違っていたらごめんなさい。

この日見たのは「日陰の林」で。
でもってお隣はあの可愛いオトコヨウゾメ。

14_0528_o_yozome.jpg

「木に咲く白い花」でご紹介したとおり。



でもって、頭上にはウリカエデ。

2014/ 4/23付 「ウリカエデの花」

14_0528_urikaede1.jpg

今年はおばなばっかり見ましたが、めばなはあんな高いところに咲いていたようです。

初めて見た去年 ↓ には めばなし見かけなかったのになあ。

2013/4/29付 「ウリカエデのめばな」

14_0528_urikaede2.jpg

可愛いプロペラ型の実も、遙か頭上の遠いところにしか出来てません。
おばなはみんな散っちゃってます。ちょっと残念。

2013/ 5/ 9付 「ツリバナの花」



去年はウリカエデのプロペラと一緒に眺めたツリバナの花も咲いていましたよ。

14_0528_turibana1.jpg

オトコヨウゾメもそうだったけれど、ツリバナの花も、子どもが書いたお花みたいな
可愛い形をしていますよね。

お花がたくさん咲く年と、そうでもない年があったけれど、今年はたくさん咲いて
います。

14_0528_turibana2.jpg

また、木が真っ赤に染まるほど実が付くと良いなあ。

2011/10/23付 「赤い実すずなり」

それにしても、色こそ地味だけれども、形は可愛らしくて魅力的。

14_0528_turibana3.jpg

細い茎の先に咲くので、風の吹く日には写真に撮るのが難しいのですが、風待ち
してでも撮りたくなっちゃうお気に入りのお花です。今年の秋、期待して良いかな?



いろんな木が元気に茂る「日陰の林」。

14_0528_zoukibayasi.jpg

来たついでに他の面子もご紹介。


こちらは小葉の間の翼が目印、ヌルデの若葉。

14_0528_nurude.jpg

虫さん人気が高くって、ズタボロにされちゃうので、若葉の今、この綺麗な姿は
貴重です。運が良ければ、秋には真っ赤に色付きます。



シロダモの新芽は薄暗い林の中でも目立ちます。

14_0528_sirodamo.jpg

秋遅くに実った赤い実も、さすがにもう残ってないよね。
これから見るたびに、若葉が大きく育ちます。



緑陰濃い場所には必ず生えてるヤツデですが、新芽プラス色づきかけの実が、
こんなに綺麗だなんで思いませんでした。

14_0528_yatude.jpg

ちょうど良いくらいの時に行き会えてラッキーでした。
絵のように綺麗なヤツデ。新芽はすぐに伸びちゃうし、実はみんな真っ黒く熟し
ちゃうけれど、その途中、こんなタイミング ♪ ねらおうって思ってもなかなか
実現しませんよ。嬉しいな。




最後はヒメコウゾを3枚。
一枚目は隣町へ行く途中で、枝の粒々が目立った株。

14_0528_h_kouzo1.jpg

粒々は無事、おしべの白い葯を出しました。

2014/ 5/13付 「坂道の途中の林」

前に見たときにはひとつだったけれど、4/29にはどっさりさきました。
でもって、めばなは垂直に伸びた枝に…。

14_0528_h_kouzo2.jpg

葉っぱの付け根に 赤くケバケバ並んでいます。ちっちゃくて赤いでしょ。



こっちは「北向きの斜面」の真ん中へん、ミツバアケビがからんでいたヒメコウゾの木。

2014/ 4/2/付 「三つ葉アケビの花」

こちらにはケバケバのもっと長いめばなが枝にびっしり並んでいます。

14_0528_h_kouzo3.jpg

あっちのとこっちのとでは表情が違います。
和紙のために畑で栽培されたコウゾの末裔なので、品種の違いがあるんでしょうね。

どっちのめばなも、あといくらもしないうちに透き通ったオレンジの木苺みたいな
液果になります。そのまま食べるとケバケバが口に残っちゃうので、上手に漉して
ジャムにすると良いらしいです。また実が色付いたら見に行きたいと思います。



ひと月遅れのおさんぽ日記。今度は我が家の鉢植えの様子を記録しようと思います。
いつもの花が咲いたのでね。(^^*)




posted by はもよう at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。