2014年05月25日

4月末のおなじみの木

今日は思ったほどには晴れませんでしたが、気温の方は申し分なく上がりました。
夏日…記録したかな? そろそろあれが咲く頃と目星を付けて、早いうちから隣町へ
行って写真を撮っていたのですが、途中で山野草ファンのおじさまにバッタリ。
しかも連続でお二人 ♪ そのうちのお一人に誘っていただいて、道なき道に分け
入って、野生の地味めな蘭の 群生地を教えていただきました。一人じゃとうてい
見つけられない場所でした。写真もたくさん撮りましたので、後ほどご紹介します。
いやぁ、同好の士からの情報というのは有りがたいものです。(-人-)感謝感謝。

記事の方はまだ4月の写真です。頭の中のカレンダーを一枚戻して、お付き合い
下さいませ。

14_0525_aogiri1.jpg

4/29に木に咲く白い花を撮ったついでに見かけた他の木の様子。一枚目はアオギリ。








今はもっと葉っぱが茂っていますが、ひと月前のアオギリはまだ新芽が出たばかり。

14_0525_aogiri2.jpg

お座布団サイズの葉っぱでも出たばっかりは小さくて赤いんですね。
これからどんどん葉っぱを茂らせ、地味だけれどとっても面白い実り方をするお花を
咲かせます。



ちょっと戻って途中のヤマザクラ。

14_0525_yama_z.jpg

4月の中頃まで、あたりをパステルカラーに染めていたお花が散ってヤマザクラの木も
葉桜へ。

隣の雑木林も、木ごとに違う色合いだった新芽が落ち着いて緑一色。

14_0525_zokibayasi1.jpg

この日は、低いところに枝を広げたミズキのお花が目立ちます。

14_0525_zokibayasi2.jpg

ケヤキもクワもみんな緑色。


隣のアカマツは新芽とお花の季節。

14_0525_akamatu1.jpg

ニョキニョキしているのは今年出したばかりの枝。黄色い粒々はおばな。
お花が終わると、新しい枝からはツンツンした松葉が続々生えてきます。見ている
だけでちくちくしそう(^m^)。

めばな、のちの松ぼっくりはどこに付くかというと、
ひときわ、にょにょ〜っと伸びた新枝の先。

14_0525_akamatu2.jpg

ひとつ、時には2つ並んでちっちゃくて赤いめばな…松ぼっくり赤ちゃん…が付き
ます。
松の花って、面白い。



路肩のノイバラ。茶色く見えるのはみんなつぼみ。

14_0525_noibara.jpg

今でこそ、盛りを過ぎちゃって居ますが、この日はまだみんなつぼみ。

道ばた、空き地、河原など、誰も草刈りしない場所に大きな薮を形成します。
それから、主役が力尽きた庭園のバラの根元から、台木に使われたノイバラが、
封印を解かれた怪物よろしく復活したりもします。

可憐で可愛らしく、薫り高くてしぶといノイバラ、5月の前半に盛りをむかえる
予定です。その写真はあとでご紹介しますね。



ついでに、途中の庭園の大きなトチノキ。大きな葉っぱが開きました。

14_0525_totinoki.jpg

4/29には、お花まだ咲いていませんでした。

トチノキもこのあと、この場所でベニバナトキノキとのツーショットを、そして、
別の場所で花盛りの様子を撮っています。こちらもあとでご紹介します。





隣町の公園について、まずはフェンス沿いにおなじみの木々のご機嫌うかがい ♪
4/29、コナラは銀緑色の若葉から、

14_0525_konara.jpg

緑の一人前の葉っぱへ。


エゴノキには

14_0525_egonoki.jpg

つぼみが現れ…


クリの芽は

14_0525_kuri.jpg

いつもどおり虫こぶになり…


クロガネモチは古い葉っぱを黄色く染めて、散らせる用意が済みました。

14_0525_kurogane_m.jpg

新しい葉っぱは枝の先で、つぼみを抱えて準備中。
春は、常緑樹の葉っぱの新旧交代の季節でもあるんです。



4月最後のおさんぽの写真。ご紹介してる間に5月が終わってしまいそう。
でも、5月の写真も順調に撮り貯めています。のんびりお付き合い下さいね。

次の記事は同じ日、道ばたで見かけたおなじみの草の花をご紹介する予定です。





posted by はもよう at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。