2014年05月16日

名もない草たち

今日も良く晴れました。季節はどんどん進んで最近では道ばたの植え込みに
チガヤの穂が並ぶようになりました。もう夏間近ですね。

でも、記事は4/13のおさんぽの続き。
今日のはひときわ地味だなあ。でも、おなじみの植物たちの今年のようすを
記録しておきたいので、お付き合い下さい。

14_0516_mukona.jpg

これはたぶんシラヤマギクの葉っぱじゃないかな。こざっぱりした花の咲く
野菊です。





これ、夏になったらオレンジ色の花の咲くオニユリの葉っぱかな?

14_0516_o_yuri.jpg

ムカゴが付いていたら間違い無しなんだけど。

春の野山には見たような、見なかったような葉っぱがいっぱい。
あれだよね。違うかな? クイズが点々と落ちているようです。
答え合わせには一年かかる? 答えたことを忘れちゃうかな。
出来るだけ忘れないで、答え合わせをしに来よう。


もうすぐ咲くのはチゴユリ。

14_0516_tigoyuri.jpg

ここに下を向いて白い花が咲きます。



キュウリグサの花の穂が伸びて様子が変わってきたら、今度目立ちだしたのは
ハナイバナ。

14_0516_hanai_b.jpg

中心まで水色のお花が特徴です。ちっちぃゃけどね。



カタクリの保護地に咲く花、48/6に咲いたのを見たニリンソウは

14_0516_nirin_s.jpg

またちょっと花の数を増やしていました。

この日はムラサキケマンが咲いて、次に咲くのはこのセリバヒエンソウ。

14_0516_s_hienso.jpg

うす紫色の面白い形の花が咲くんです。


黄色いのはクサノオウ。

14_0516_kusano_o1.jpg

前の週はまだ、つぼみでした。

ふんわり黄色く咲きました。

14_0516_kusano_o2.jpg

菜の花っぽく見えるかもしれないけれど、これで案外ケシの仲間です。



歩き始めた時に見つけたヒメリュウキンカ。
斜面の反対側の端にはもっと大きい群落があります。

14_0516_h_ryukinka.jpg

もとは花だんの花だから誰かが植えちゃったんだろうけれど、この場所が気に
入ったのかな。


地味だけれど、これも毎年、春に会うのを楽しみにしている野草。

14_0516_y_ninjin1.jpg

柔らかく毛深いヤブニンジンです。

本当にちっちゃいお花ですが、よくよく見ると綺麗です。

14_0516_y_ninjin2.jpg

野草らしさがお気に入り。


地味だけれど、毎年見かけているお花をひとつひとつ確認したら、今度はつる性
植物を訪ねてもう一巡り。お付き合い頂けましたら幸いです。





posted by はもよう at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。