2014年05月13日

坂道の途中の林

今日は午前中くらいまで雲が厚くてどんよりしていましたが、途中から晴れて暑く
なりました。日差しが出ると、まあ、強いですね。夕方には若干、蒸し暑くもなり
ました。夏がどんどん近づいてくるなぁ。

記事の方は今回も、4/13に隣町で撮ってきた写真から。
八重桜を見て、道ばたの春の草を見て、いよいよ北向きの斜面へ。

14_0513_sakamiti.jpg

北の斜面へ下る途中の坂道で撮ってきた写真。どこを見てもしたたるような緑です。





一度ちょっと戻って、我が家から隣町へ行く途中の道ばた。ニワトコが咲き始めて
いました。

14_0513_niwaktoko1.jpg

白い小花が泡立つように咲きます。

14_0513_niwaktoko2.jpg

赤く見えるのがめしべで黄色く見えるのはおしべのヤク(葯)です。

14_0513_niwaktoko3.jpg

花びらは5つに分かれる合弁花ですが、反り返りすぎてちょっと見づらいかも
しれません。

これから夏が来る前に大急ぎで実って鳥さん達のお腹におさまります。
もうちょっとだから待っててね。



ニワトコの隣で、綺麗な葉っぱを並べた幼樹を見かけました。

14_0513_enoki.jpg

これは…エノキですね。
大きな樹はまだお花を咲かせていて、葉っぱはあまり出ていませんが、幼樹はもう
葉っぱを出しちゃうんですね。



ニワトコと同じ場所にあった低木。枝に粒々が並んでいます。

14_0513_h_kouzo1.jpg

ベリーに見えますかね?
でも、これは実じゃなくてお花のつぼみです。

14_0513_h_kouzo2.jpg

ぎゅっとかたまった粒々からおばなの白いヤク(葯)が飛び出します。
この場所、めばなはまだ見つからなかったけれど、後日見に行ったらちゃんと
実の準備が始まって居ました。きっと、4/13のあとで咲いたんですね。

実も綺麗ですよ。また見に行ってみよう




おさんぽ再開して、一枚目の写真の坂道へ。
4/6に来たときに薮を透かして、見つけていた朱色のつぼみ。

2014/ 4/23付 「ウリカエデの花」

咲いていましたよ、クサボケです。

14_0513_kusaboke1.jpg

葉っぱの色も綺麗。

花びらの付け根が細いから、花の付き方がゆるく見えるのね。

14_0513_kusaboke2.jpg

鮮やかで目立って、とっても綺麗。この時期のクサボケは素敵だなぁ。
出来たら、小梨とも言われる実にも出会いたいものです。




やぶの縁から飛び出したこの葉っぱ。

14_0513_suikazura1.jpg

何の葉っぱかな?

じつはこれ、スイカズラです。
つる性植物は時として、大きくなってからの葉っぱと小さいうちの葉っぱが
違う形になることもあるんですよ。
 
2008/ 5/11付 「小さいつる草1」

14_0513_suikazura2.jpg

同じつるの先を見ると、ほら、スイカズラでしょ。



坂の途中でこの日、一番華やかだったのがこの山吹。

14_0513_yamabuki1.jpg

斜面からこぼれんばかりに咲いていました。

ちょうど、このあたりでいつもお声がけいただくおじさまも通りかかって、
…お久しぶりです、お元気でしたか?…
一緒に眺めました。

山吹見るとやっぱり太田道灌の逸話に登場するあの歌が浮かんじゃいますよね。 
「七重八重 花は咲けども山吹の みのひとつだに 無きぞ哀しき」だから…
この八重の山吹がその逸話に登場しちゃう山吹だね…なんて話をしました。

でもねぇ、つる性植物好きの私には画面右上の方のサルトリイバラも気になり
ましたよ(^m^)。

14_0513_yamabuki2.jpg

あとで画像を拡大するとこれ めばななんですよ。赤い実まで見られると良いな。
この場所を忘れないで時々見に来ようっと ♪



この日のおさんぽはまだ続きます。
お花もご紹介したいけれど、木の芽ももっと載せたいな。
良かったらまたお付き合い下さい。




posted by はもよう at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。