2014年04月20日

雑木林の新芽

昨夜、結局、降っちゃいましたね。開けて今日は一日どんよりと曇って、はっきり
しないお天気でした。肌寒かったし。今日は旦那さんの実家の皆さんに誘われて、
娘と2人出掛けてきました。息子は大学のテニスサークルに入ったそうで、今日は
練習に出掛けました。そんなわけで、お天気も今ひとつだったから良いけど、
おさんぽには行かれませんでした。遠見に見てもウワミズザクラが咲き出している
のが見えるんだけれど、写真に撮りに行くのはもうちょっと後になりそうです。

記事の方は4/6に隣町で撮ってきた写真。

14_0420_zokibayasi1.jpg

今回は隣町の公園の雑木林ゾーンで撮ってきた、おなじみの木々の新芽を見ていた
だきましょう。





大きな樹だと、まだまだお休み中のムクノキ。大体 お寝坊さんなんですが、幼樹は
ちょっと早起きなんですね。

14_0420_mukunoki1.jpg

たぶんこの枝、ムクノキです。

だって、いたいけなちっちゃな若葉にも、ほら。特徴的な葉脈が見られます。

14_0420_mukunoki2.jpg

可愛いムクノキ。大きくなれよ。



次はエゴノキ。以前の記事では 雑木林の中、薄暗いところでスポットライトを浴びて
いるようなエゴノキをご紹介しましたが、こちらは日当たりの良いところの枝。

14_0420_egonoki.jpg

ご機嫌に伸びているし、今にもつぼみを出しそうです。
5月になったら、また、あの、良い香りのお花が見られるかな。



広〜い芝生のその向こうに並んでいるいろんな木々。思い思いの色合いに染まって
います。

14_0420_zokibayasi2.jpg

たぶん もう今頃は 緑一色になっているかもしれないけれど、春先のほんの一瞬、
雑木林はパステルカラーに染まるんですよ。綺麗ですよね。



緑一色の林がいろんな色に染まる理由の一つが、このコナラの新芽が銀緑色だから。

14_0420_konara1.jpg

出たての若葉にはびっしり毛が生えていて、それが光を弾いてキラキラ光ります。

14_0420_konara2.jpg

綺麗でしょう?

今回は見つけられなかったけれど、芽吹き時に赤みを帯びることもあって、それは
それでとっても綺麗です。
あ、ちなみに葉っぱの上に乗っているのはちっちゃいシャクトリムシ。
コナラの葉っぱが好きな虫も多いんですよね。

別の場所では花の芽がスタンバイ。ほらあの粒々です。

14_0420_konara3.jpg

これが長く伸びて垂れ下がるとおばなの穂になります。
めばなは枝の先に赤く付きますが、柱頭だけのような大変地味な花です。



隣町の公園は桜の名所なんですよ。まあ、うちの方、あっちにもこっちにも、桜の
名所だらけで有り難みは薄いんですけどね。

14_0420_someiyosino1.jpg

この日は染井吉野が満開になる週末でしたので、とにかく染井吉野がいっぱい咲いて
いました。

あっちにも、こっちにも、桜の大木がいっぱい立っています。

14_0420_someiyosino2.jpg

いやはや、綺麗なんですよ。お花見の人もたくさん詰めかけていました。



でもすぐ散っちゃうんだよなぁ。
染井吉野は満開になると、まあ、だいたい1週間くらいはかかりますが、あっという
間に散っちゃうんですよね。

14_0420_yaezakura.jpg

でも、ソメイヨシノがちっても山桜があるし、山桜がちったら八重桜が咲きます。
今度は私の出番だよ。そういうように、八重桜が開き始めていました。


可愛い八重はまた別の機会にご紹介しますね

写真の方はいったん公園を出て坂を下り、北向きの斜面へ。
さて、今度は何が咲いているかな?





posted by はもよう at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。