2014年04月19日

白樺の花

今日も大体良いお天気。午後遅くから雲が広がって雨でも降るのかと思いました
が、持ち直しそうです。今日はおさんぽに行かれなかったから明日は良いお天気
であって欲しいな。

記事の方はまだ4/6、桜の名所隣町の公園目指して歩く道すがら、道ばたの木に
また、目移りです。

14_0419_keyaki1.jpg

今はもう若葉を茂らせているケヤキですが、この日はまだ枝先が煙るくらい。





道ばたのクスノキに新芽が顔出しました。

14_0419_kusunoki.jpg

この後、ちょっとの間赤くなるのですが、出たてはまだ色が薄いですね。



マッチの先みたいだったドウダンツツジの枝先には、白い小花がどっさり咲いて
います。

14_0419_doudan_t.jpg

画面、左上の方に写り込んだ、ゆるんだ冬芽と中央のすっかり開いて花咲いた
枝先。これだけのものが入っていたんだなあ…っと、感心しきりです。



とある施設の玄関、門のそばの植栽の中で、ひときわ赤い枝はイロハカエデ。

14_0419_i_kaede1.jpg

規則正しく、2つずつ向かい合った冬芽が開いて、若葉が顔を出しそうです。

14_0419_i_kaede2.jpg

若葉だけじゃなく、枝先の芽からはお花も飛び出してくる予定。
カエデのお花。どんなお花かご存じですか?



植栽のお花はまだまだ続きます。若葉のようなお花のようなハナミズキの枝の
先。開くのは総苞片(そうぼうへん)と呼ばれるガク(萼)の変形したようなもの。

14_0419_hanamizuki.jpg

ハナミズキの 花びらっぽく見える部分って、ガク(萼)のようなものなんですよ。
本当のお花は、真ん中にこちゃこちゃってまとまって丸く咲きます。



隣町へ行く道の真ん中あたりにそびえる 背の高いメタセコイア。

14_0419_metasequoia.jpg

やっぱりこちらも、芽吹きのシーズンを迎えていました。
4月始まったばかりだったので、まだこれくらい。今はもうだいぶ伸びましたけど。




それから、こちらがとある施設の大きな大きなサクラの木。
解るかな?桜の下の方に、通常サイズのベンチが写り込んでいるの。

14_0419_sakura.jpg

もう、大きいって言うか、壁って言うか…ビル?くらい有る大きな木立。
あのベンチに座ったらサクラの王様になった気分が味わえるかな?
あ、でも、座った本人からは、サクラが見えないか(^^;)。



この道に、どこかからタネが飛んできて勝手に育っている白樺があることは
冬芽をご紹介したときに取り上げています。

14_0419_sirakaba1.jpg

冬を乗り切った花の芽が開いていましたよ。
みずみずしい若葉とひも状の花の穂。下がっているのがおばなで、垂直に立って
いるのがめばなです。
実ると下向きになるのに、めばなは最初上を向いているんだねぇ。

白い幹に光を浴びる若葉。

14_0419_sirakaba2.jpg

隣のサクラの花を添えて、まあ、王子様みたいな白樺だこと。素敵ねぇ。



でもって、足元には大きくなる木の幼樹たちも、か細い枝に若葉を開いています。
こちらはケヤキ。

14_0419_keyaki2.jpg

あの、煙って見える枝先にはこんな若葉が開き始めているんだね。
まだ、出たばかりの葉っぱは薄くてちっちゃいです。

そしてこちらは桑の葉。

14_0419_kuwa.jpg

ちょうどお日様が当たって、綺麗に光っていました。可愛いねぇ。


雑木林の向こうの方、大きなイチョウの芽も動き出したようでした。

14_0419_ityo.jpg

今はもうだいぶ伸びましたけれど、いかんせん写真は4/6のものです。



あれもこれも動き出した雑木林を眺めつつ、おさんぽの足取りは軽く次へ進みます。

14_0419_keyaki3.jpg

次の記事も、4月初めの雑木林で見かけた新芽をいくつかご紹介します。






posted by はもよう at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。