2014年03月20日

ナズナの花

今日は一日冷たい雨が降っていました、うちの方。せっかく咲いたお花も雨に
濡れてひと休み。でも、雨は恵みの雨。雨に打たれて植物は元気になっていくん
だから、雨もまた楽し…かな。
気がついてみたら、もう3月も下旬なんですねぇ。そして暑さ寒さも彼岸まで の
お彼岸。明日からはお墓参りと卒業式の3連休。う〜ん、いろいろ忙しいです。
頑張ろう。p(^へ^)

でもって記事の方は前回と同じ3/16に隣町で撮ってきた写真から。今度は道ばたの
草を見ていきましょう。

14_0320_m_tanetuke_b1.jpg

こちら、ミチタネツケバナ。乾いた道ばたが好きな帰化植物。最近じゃ、ぺんぺん
草より身近な春の花です。





道ばたの雑草と言えばまず名前が出るぺんぺん草こと ナズナもアブラナ科ですが、
ミチタネツケバナも、そっくりのアブラナ科。
最近じゃ、ナズナに代わって道ばたにたくさん生えています。

じゃあ、ナズナってどんな草だっけ?

14_0320_nazuna1.jpg

はい、↑ こんな草です。

似てますね。
一番の違いは葉っぱですかね。

14_0320_nazuna2.jpg

切れ込みがたくさんはいっているのと、入っていないのと、両方有るのが
ナズナです。
慣れてくれば、切れ込みの形の特徴も解って、更に見分けが楽になります。

それから、ぺんぺん草の名前の由来にもなった三味線のバチそっくりの実。
お花は白い花びらが4つ。

14_0320_nazuna3.jpg

もしも、じっくり見ることが出来れば、おしべが6本有るのにも気付くことが
出来るでしょう。



代わってミチタネツケバナは、細かくて丸っこい葉っぱを並べているように見え
ます。ちょうど、野菜のクレソンとそっくりなんですけど…解ります?

14_0320_m_tanetuke_b2.jpg

実は三味線のバチじゃなくて、ただの棒状。しかも、まっすぐ天をついて立って
います。昔ながらの田んぼの雑草、タネツケバナなら、棒状の実がもっとゆるい
角度で付いているんですけどね。

14_0320_m_tanetuke_b3.jpg

ちっちゃい花を拡大できれば、おしべが4本しか無いのも見えるかな。

14_0320_m_tanetuke_b4.jpg

まあ、かなり小さいんですけど。

アブラナ科の仲間はそれぞれ同じ様な特徴を持っているので、アブラナ科だなって
言うことまでは、比較的すぐに見当がつくんですが、科の中はそっくりさんだらけ。
しかも、帰化植物のジャンルは次々に新顔さんが来日するので、見分けが大変です。
ミチタネツケバナとそっくりでちょっと違う仲間もたくさん増えていますので、
これ以上詮索していると、迷路に入っちゃうかもしれません。
今回は、このくらいにしておきます。詳しく知りたい方は検索してみてくださいね。



日差しも力強さも増した3/16。道ばたにも太陽の落とし子みたいなお花が咲いて
ました。関東タンポポです。すっかり開くのに、もう数時間必要みたいです。

14_0320_tanpopo.jpg

お、隣の葉っぱはブタナじゃないですか。ちっちゃいつぼみも見えてます。
よく間違われるんですよね。タンポポとブタナ。左がタンポポ、右がブタナですよ。
よろしくね。



黄色きゃなんでもタンポポと思ったら大間違いですよ。

14_0320_haru_nogesi.jpg

こちらはハルノノゲシ。まだ咲き始めで小さいけれど、これからほぼ一年中咲いてて
くれます。アキノノゲシとはあちこちがちょっと違います。



前回は、葉っぱしか見かけなかったカラスノエンドウ。今回は、一輪だけ咲いて
ましたよ。

14_0320_karasu_e.jpg

素敵な赤紫。極々小さい豆の花。桜が咲いて散るまで、ずっと咲き続けてくれますが、
やっぱり咲き始めが嬉しいな。

これからどんどん道ばたにもお花の数が増えますね。毎年会えるおなじみの花を
数えて歩くおさんぽは幸せですね。
さあ、次は何に会えるかな。





posted by はもよう at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。