2014年03月19日

ウワミズザクラの花芽

今日は一日薄曇りで肌寒かったです。まあ、ちょっと前までの気温を考えれば、
寒いとかは言い過ぎですが、昨日あんまり暖かかったので、つい寒いなあ…
なんて贅沢なことを思いました(^m^)。お天気はちょこっと下り坂です。でも、
ひと雨ごとに春が確かなものになっていく時期ですものね。雨も歓迎…かな。

記事の方は、申し分ないほど晴れた3/16に隣町で撮ってきた写真から。

14_0319_metasequoia.jpg

隣町へ行く途中にあるメタセコイア。たぶんこれ花盛りです、見かけによらず。




同じく、道の途中の早咲き種の椿。

14_0319_tubaki1.jpg

2月の初めから咲き始めていたけれど、今、ちょうど満開です。

ちょっと粘って、木陰の綺麗なところをねらいました。

14_0319_tubaki2.jpg

小振りの花、薄めの花びら、青みにかかったピンクの花色。愛らしいお花です。




行き先が同じで、季節があまり進まないと同じ様な写真になっちゃいますね。
あれこれ撮った道端の草は次の記事に回すとして…
次に、「北向きの斜面」で撮った木の写真は芽吹くノイバラ。

14_0319_noibara.jpg

ジグザグに伸びる枝に、動き出した若葉が並んでいます。
春らしいなあ。



斜面の中程。

14_0319_uwamizu_z1.jpg

けもの道のような細い道が斜面を登っていて、登りきれば上の公園に出られる
けれど、地元の人と、斜面を管理する業者さんくらいにしか用のない場所。

ここに、ずうっと前から大きなコナラが立っていました。元気なときには
樹液を出して、カナブンやカブトムシを呼んでいたこともあったけれど、
結構前から枯れて、幹の途中に サルノコシカケみたいなきのこを付けて
いました。

14_0319_konara.jpg

この場所に植物の観察をしにくるようになった 最初の頃からあった木です。
それが、とうとう、根元から倒れて片付けられていました。
大雪のせいかな? くるときが来ちゃったんだな。残念だけれど、その記録も
しておきます。子孫はいっぱい残したろうから、お疲れ様…だね。

でもって、今の目印はこっちの木です。

14_0319_uwamizu_z2.jpg

ひときわ早く芽吹く葉っぱがもう準備中。

見上げると枝が素敵な曲線を描いているのが解ります。

14_0319_uwamizu_z3.jpg

芽が大きいなあ。

じつはね、これ、大きいのはウワミズザクラのつぼみなんです。

14_0319_uwamizu_z4.jpg

ほら、こんなふう。
ここからビン洗いブラシみたいに白い小花を房状に咲かせます。



さらに進んで、前回 来たときには咲いている花を探すのに苦労したヤブツバキ。

14_0319_y_tubaki1.jpg

今回はいっぱい咲いていました。

大きい木の株いっぱいに赤い花がどっさり。

14_0319_y_tubaki2.jpg

その昔、ヨーロッパに紹介されたときには驚きを持って迎え入れられたそうですよ。
地球の裏側の国には、こんなにお花をいっぱい付ける木があるんだって。
その後、盛んに品種改良されて、欧米産の園芸種も多数作られたと言うことです。

でもこれは、たぶん生粋の国産種。

14_0319_y_tubaki3.jpg

勝手に生えて、勝手に育っている野生の株。
まあ、葉っぱには虫食いもあって野趣半端ないですが、気に入ったところで
勝手に育っている花は綺麗ですね。 しばらく楽しめると思うと嬉しいです。




次の記事は、同じルートでも足元で見つけた道ばたの草を見ていただきましょう。



posted by はもよう at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。