2014年03月08日

ミニ水仙の一番花

まだ寒いですけど、風もおさまって良く晴れて穏やかな週末になりました。
今日は午前中用事があったので、午後、ちょっとだけ近所の公園へ行ってきました。
子ども連れの家族やスポーツの練習をする学生さんたちを見かけました。

さて、記事の方は我が家の鉢植えの記録など。

14_0308_teta_teta1.jpg

まずはうちのミニ水仙テータテートちゃんの開花のお知らせを。





今年は、2月の雪に覆われて真っ白になっていた鉢でした。

14_0308_teta_teta2.jpg

あんなに吹き込むことなんて今までありませんでしたよ。
雪も一度じゃなくて3度も積もりました。連日ベランダのバケツに氷が張って
本当に厳しい冷え込みでした。



それもゆるんだ2月末のある日。

14_0308_teta_teta3.jpg

気がついたらもう、こんなに水仙の芽が出ていました。
今回もつぼみと同時のお目見えです。

ずっと残っていたオモトの赤い実。ヒヨドリが飛ぶようになってやっと
鳥さんのお腹におさまりました。

14_0308_omoto.jpg

これでタネを遠くへ運んでもらえます。
良かったね、オモトちゃん。



芽が出始めたら気を付けていないと一気に咲いちゃうからね〜。
洗濯物を干しにベランダに出るたびに確認。

3月に入ってすぐ、つぼみが大きくなってきました。

14_0308_teta_teta4.jpg

これはもう、すぐにも咲きますね。ますます油断できません。

そういえば、ほかの鉢に…これ、去年何が植わっていたかなあ?…青々した草が
生えました。

14_0308_tanetuke_b1.jpg

タネツケバナの仲間です。

オオバタネツケバナかな?なんて思っているんですが、大事にはしていないのに
いつでもちょこちょこ芽を出して、すきさえあればこれこの通り 大きくなる気
満々です。

14_0308_tanetuke_b2.jpg

ミニ水仙が咲く前にちょこっと花を添えてくれました。
でも、タネツケバナの仲間って見分けが難しいし、いくら抜いても生えてくるし
ありがた迷惑なんですけど…この時期、緑のものがあるだけで嬉しいもので、
ついつい抜かずにこんなことに…。ああ、またタネが飛ぶなぁ。(^^a)

そうそう、鉢植えのコナラとケヤキも元気です。

14_0308_kona_keya.jpg

早く芽を出せとばかりにベランダの中でも日当たりの良いところに置いています。



今か今かと待っていたら、3/5に一輪めが咲きました。

14_0308_teta_teta5.jpg

当ブログではおなじみの黄色いミニ水仙です。
一つの茎に2〜3輪の花をつけ、それが頭をくっつけあってないしょ話しているよう
に見えるので、フランス語のないしょ話を意味する「テータテート」と言う名でも
呼ばれる品種です。

14_0308_teta_teta6.jpg

つぼみはまだ沢山あるので、これからたくさん咲いてくれると思います。

お友達が花だんで殖えすぎ、捨てるに捨てられなくて分けてくれた球根から今年で
もう10年ほどのつきあいです。殖え過ぎちゃうので数年前から3鉢だけと決めて
ますが、まあ、丈夫で毎年元気に咲いてくれて嬉しいです。



写真がいっぱい撮れたので次の記事もこの続きを見てくださいね。




posted by はもよう at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植え観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。