2014年02月27日

近所の公園、雪の被害1

今日は雨でしたが、暖かい雨でした。道ばたに積まれた雪に降って、どんどん
溶かす暖かい雨でした。明日はもっと暖かくなるって言う予報だったから楽しみ
です。

さて、今日の記事は、記録的な大雪の後のいつもおさんぽしている公園の様子を
見ていただきましょう。
公園の入り口にあるブロッコリーみたいな樹形のスダジイ。

14_0227_park01.jpg

遠くから見たら無事…って思いましたが、やっぱり下に大きな枝が落ちていま
した。




いつもおさんぽしている公園には2月初めの雪の後(2/5)にも行きましたが、
やっぱり降った雪の量が違います。
この日は大雪から1週間以上経っているのに、雪が全然減っていません。
雪かきもほとんどされていなくて、辺り一面真っ白でした。

そして、入り口のスダジイ。

14_0227_park02.jpg

痛々しい枝折れのあとはこちら。

別角度からの被害状況はこんな風です。

14_0227_park03.jpg

ブロッコリーみたいな樹形はかろうじて保たれていますが、だいぶ大きな枝が
折れました。やっぱり湿った雪と常緑樹の相性は最悪みたいです。



そのさき、本来なら三角錐の樹形が美しいレイランドヒノキ。

14_0227_park04.jpg

枝が一本外側に向かって折れちゃっています。
まあ、この木は 個人の庭に植えると 近所迷惑になるほど樹勢の強い木ですから
回復は早いでしょうけれどねぇ。



キンモクセイも大枝が落ちてます。

14_0227_park05.jpg

園内に大きなキンモクセイは沢山ありますが、これが一番傷が深いかも。


比較的若い方のヒマラヤスギ。

14_0227_park06.jpg

あーあ、折れちゃった。
そばのメタセコイアは、今回は無傷です。やっぱり葉っぱが付いているヒマラヤ
スギのほうが、風の抵抗は 強く受けちゃいますよね。



でも、なんて言ったって今回一番ビックリしたのはこのアンズ。

14_0227_park07.jpg

目覚めの遅い素っ気ない冬芽を撮ったり、早咲きの梅、梅、豊後梅と来て、
最後に咲くこのアンズを見るのが、春の花木ゾーンのお楽しみでしたのに、
残念です。根っこの近くの幹がすっかり腐って、空洞になっていました。
時間の問題だったのかな。

隣に残ったアンズには、風に気をつけて長く咲いてねってお願いしてきました。

14_0227_park08.jpg

まだ素っ気ない枝ですが、3月の終わり頃にはきりりと素敵な花が咲く予定
です。


傷ついた木ばっかりじゃ気が滅入りますよね…と言うことで、背の高い梅の木の
枝いっぱいのお花の写真も並べてみます。

14_0227_park09.jpg

他の木と違って、とっても背が高くて真上を見上げて撮りました。
青空にピンクの梅の花。か細くて優しげな枝の線も良いアクセント。

でもね、やっぱり背が高いだけ有って、風にだいぶいじめられたようです。

14_0227_park10.jpg

ほら、上の方の枝に亀裂。
枯れちゃわないかしら? 心配になります。



隣の白梅も咲きました。

14_0227_park11.jpg

梅は咲いたか〜♪、桜はまだかいなぁ ♪ の梅と桜です。
桜はまだもうちょっとかかるよねぇ。



今日の記事最後の写真は豊後梅のつぼみ。

14_0227_park12.jpg

暖かくなったら真っ先に咲くぞって準備しているようですね。




いつもおさんぽしている公園大雪の被害状況を訪ねて回るこの日のおさんぽ。
続きは次回の記事で見ていただきましょう。






posted by はもよう at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。