2014年02月26日

とんでも大雪の朝

やっと春らしくなりましたよ、うちの方も。今度は花粉だって、テレビの中の人は
言っているけれど、とりあえず、寒くなければ嬉しいです。あ、でも、娘が花粉症
だから、今後は気を付けてあげなくっちゃ。端に寄せられた雪から、一日中お水が流れ
出していますね。早く溶けるように、そろそろ細かく砕いて日向に出しておこうかな。
気がついたらもう、2月もあと数日。ああ、早い。意識がついて行けません。頑張れ
私。p(^へ^)

さて、記事の方は前回の続き。記録的な大雪、2回目の2/15の朝から18日までの様子を
記録しておきます。

14_0226_snow01.jpg

まずは、予報どおりに一晩中降って、夜半から雨に変わったはずの15日の朝。
例年なら、雨にたたかれて半分溶けているところでしたが、この日ばかりは違いました。





雨が降っていてもお構いなしのこの積雪量。前回、2/8の量をちょっと上回っています。

14_0226_snow02.jpg

近所の自転車置き場の屋根もほらこの通り。

駐車場に並ぶ車も、車種の判別が出来ないほど。あ、うちの車は入ってませんよ。
あくまでおよその駐車場なので。(^^a)

14_0226_snow03.jpg

30cmほど積もった雪に細い道が切り込んでありますでしょう。早起きなどなたかが
雪をかいて下さったんですよ。

私もやりましたよ、早朝の雨の中。だって、2/15には息子の受験があったんですもの。
せめて自宅から道路までは雪をどかしてあげないと、長靴を持っていない息子には、
こんな雪の中は歩けませんもの。



でも、少しやって諦めました。だって、最寄り駅から電車が出ていないんですもの。
しかも、受験予定の大学も陸の孤島になりつつあったので。
結局、やきもきしながらテレビとネットで情報を集めましたが、辿り着ける気がしま
せん。本命の学校じゃなかったし、怪我したり風邪ひいたら、後の日程に影響が出かね
ません。
でもって、家族みんなでこの日はおこもり。午後、晴れ間と共にご近所さんたちが出て
雪かきが行き届きました。端に寄せられた雪の山の高さに改めて驚きました。

入試の方は後日、文部省からの助言もあって、この日試験を予定して居た大学の
ほとんどが、3月に再試験をしてくれることになりました。
まあ、受かるかどうかは別ですが、チャンスをもらえて良かったです。
でも、まあ、それだけ特別な大雪だったってことですよね。



翌日2/16は朝から晴れたけれども、雪はなかなか溶けません。いや、溶けているけれど
追いつかない量なんです。

14_0226_snow04.jpg

ひさしからは前回よりも更に大きな雪のひさしが飛び出しました。

ベランダから眺める地面。ヒイラギモクセイの生け垣には雪がのっています。

14_0226_snow05.jpg

ユキヤナギの枝はまだ葉っぱが出ていなかったから被害は少ないかな。
雪が深くて、見下ろしているとホイップクリームかマシュマロみたい。美味しそうだな。
いや、そんなのんきなこと言っている場合じゃないけれど。

遠くの富士山、この日はふわふわしているように見えました。

14_0226_snow06.jpg

風が強くて雪が飛ばされているかららしいです。
ふもとの山梨では、広域に渡って交通網が遮断され、大騒ぎになっていました。

私は我が家の車を掘り出して、腕が痛くなりすぎたので、息子にチャーハンを作って
もらいました。
湿布を買いに行くと薬屋さんが、今日はたくさん売れたって言ってました。
筋肉痛が出る前に湿布したのは初めてでしたが、後で痛くならなくて良かったです。




翌日は仕事に行きました。降り始めの雪と一緒に撮った紅梅もご機嫌そう。

14_0226_snow07.jpg

日差しは暖かいんですよね。足元はまだ雪が残って冷たいですけど。

14_0226_snow08.jpg

可愛い八重の紅梅だったんだな。


近くの川です。

14_0226_snow09.jpg

のどかに見えますね。遠くのお山の方が、白くないのがちょっと不思議。

雑木林でも、民家の庭でも、大きな木の枝が折れて下がっています。
竹やぶでも、しなやかそうな竹が折れていました。雪がくっついたまま、風に吹かれ
ちゃうとたまりませんよね。

雪に写ったサクラの影。

14_0226_snow10.jpg

桜並木が花盛りを迎える頃、大雪が降ったことなんて忘れちゃうかな。



また翌日2/18、近所の児童公園で5段ほどの階段を埋めて、大きな雪の滑り台が
出来ているのに気付きました。

14_0226_snow11.jpg

誰が作ったんだろう。
あんまり装飾がないところを見ると、子どもたちが遊びたいばっかりにあたりの雪を
積み上げちゃったのかな?
あんまり遊んでいる声が聞こえなかったけれど、やることはやってたんだね。
頼もしいや。


大雪過ぎて今年は、雪だるまよりも かまくらとかこういう雪山とかをたくさん
見かけましたね。ソリだけでなく、小さなスキーを履いた子どもも見かけました。
冬季オリンピックまでやっているタイミングに、たっぷり雪で遊べて、子どもたちは
楽しかったかな。



次の記事では、いつもおさんぽしている公園の被害状況を、2回にわたって記録します。
台風で折られ、雪で折られて、公園樹で居るのも大変です。





posted by はもよう at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。