2014年02月23日

雪とコウヤボウキ

今日はほとんど曇りで、ごくたまに日がさすというお天気。昨日の日差しで雪が
ゆるんだから期待していたけれど、あまり溶けなそうです。雪かき進まないならと
実家の両親の顔を見に行ってきました。庭の大きな枇杷の枝が何本も折れて居た
けれど都内の方が積雪も、残る雪も少なかったので、たいした被害はなくて済んだ
ようです。娘と、雪より2人のパソコンの整備をしてきました。相変わらず、元気で
何よりです。

2度目の雪の後、2/11に隣町で撮ってきた写真シリーズ4回目。
さすが「日陰の林」。陽が当たらないから、歩道の雪が溶けていません。
除雪も全く進んでいません(^^;)。

14_0223_miti.jpg

若干歩きにくいけれど、長靴だから大丈夫。
「日陰の林」のおなじみさんを見ていきます。






斜面は真っ白。木はみんな枯れ色の落葉樹。

14_0223_hayasi1.jpg

1つ前の記事の場所です。

で、更に歩いていくと、まだ枯れ葉をいっぱい付けた木があります。

14_0223_y_kobasi.jpg

春まで落ちないヤマコウバシの葉っぱです。うちの息子も落ちませんように。



そして、お気に入りの観察スポット、隣町の公園裏の「北向きの斜面」、
その端っこの「日陰の林」の何度も撮ったあたり。

14_0223_hayasi2.jpg

こうしてみると、結構、緑色。
冬でも枯れない葉っぱって、案外沢山あるものですね。

←左側の大きな葉っぱはたぶんアオキ。右→はシロダモ。真ん中はヤツデ。

14_0223_hayasi3.jpg

画面下の方にからんでいるつるはフユヅタ。

で、黄緑色で一番目立っているのは、3枚一組の葉っぱのムベでしょうね。

14_0223_mube.jpg

実が開かなくて常緑のアケビの仲間です。今年はお花を見ることが出来るかな?




さて、その向こうにあるのが、コウヤボウキの茂みです。
今年、すでに一度ご紹介していますが、お気に入りなのでまた写しに来ました。

14_0223_kouya_b1.jpg

ちょっと色の付いた綿毛が暖かそう。

ガク(萼)っぽいところ(総苞)が綺麗。

14_0223_kouya_b2.jpg

草の茎と見間違えちゃいそうなほど細いけれど、これでれっきとした樹木の仲間
です。

14_0223_kouya_b3.jpg

しかも、キク科。
すぐに換金できる作物を植えることを禁じられていた高野山で、竹の代わりに
箒(ホウキ)に利用された枝ですよ。
お花みたいな花後。
綿毛が落ちた後の ガク(萼)っぽいところ(総苞)も素敵ですね。

白い雪に薄い茶色のコウヤボウキ。絵みたいな、模様みたいな良い景色です。

14_0223_kouya_b4.jpg

で、この景色のちょっと上にあるのが、

オトコヨウゾメの赤い実。

14_0223_o_yozome.jpg

赤い実、赤い芽、オトコヨウゾメ。
ふんわり薄い茶色のコウヤボウキの綿毛。暖かいような寒々しているような絵に
なりました。素敵だな。



マンリョウの赤い実も残っていましたよ。

14_0223_manryo.jpg

さすがにヤブコウジはもう売り切れていましたが…。



ちょっとの間しゃがみ込んで、冬の雑木林をしみじみ味わいました。
嬉しいな。

14_0223_hayasi4.jpg

なんの変哲もないように見える日陰の林の一角。
太い木が2本並んで立っている根元に、夢みたいなコウヤボウキの茂みがあります。
私にとってはパラダイス〜。←安上がり



楽しく歩いてきた2/11のおさんぽ。2/9に来たとき、無くしたと思った耳当ては
無事回収できたし、遭難しそうで見に行かれなかった北向きの斜面も歩けたし、
リベンジ大成功で満足しつつ戻ってきて、この日、もうひとつ嬉しい出会いが
有りました。次はそれを見ていただきましょう。初見の小鳥さんです。





posted by はもよう at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
そうです。
雪の日は長靴が正解ですよ。
わたしはいつも長靴でしたが・・^^
近所の生協の店長さんに
「どうしていつも長靴なの」と聞かれたほどの
長靴愛用者でした。

ほとんど茶色だった田んぼの法面も
最近心なしか緑がちらほら。
今朝も雪はまだ残っていましたが、
水分が補給されて、法面の緑に勢いがましたような。
春も少しずつ近づいているのかもしれませんねぇ
Posted by ブリ at 2014年02月24日 13:17
ブリさん、こんばんは。
はい、はい、長靴 ♪ 快適です。
思い切って膝まであるロングタイプにしたのも大正解でした。
吹きだまりでもぬかるみでもがんがん進めて楽しいです。

そう、雪はちょっとずつ溶けて木や草を潤してくれるような気がします。
雪に慣れない地域で何日も雪に覆われていた道ばたに
どんな草が生えてくるかな?
被害も気になるけれど、お花が咲いてくれるのが楽しみです(^^*)。
Posted by はもよう at 2014年02月24日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。