2014年02月20日

再び隣町へ

やっぱり今日も寒かったです。道ばたの雪も全然溶けなくて、凍った雪の上を
渡ってくる風はまた一段と冷たくていやですね。早く暖かくならないかしら。

さて、記事の方は次の、2/11の写真シリーズに移ります。
2/8の大雪のあと、一度、隣町の公園へ行って雪だるまだけは作ったものの、
あまりの雪の深さに負けて帰って来たのですが、その後で、耳当てを落として
きたことに気付いて、2/11に探しにまた行ってきました。

14_0220_ryokugaku1.jpg

あちこちの雪かきも進んで、近所を回る余裕も出ました。こちらは緑のガク(萼)
の白梅さん。咲いていましたよ。








日陰だったのでちょっと寒そうな絵になっちゃいますが、元気に咲き出しました。

14_0220_ryokugaku2.jpg

気温は低くても咲くんだなあ。梅はやっぱり強いお花です。



緑色のガク(萼)の白梅さんのそばには河津桜の木が一本だけ有ります。
雪の前にはふくらみ始めた芽を眺め、2/4の雪のあとは凍り付いた枝を見上げ
ましたが、この日はまた、花芽をふくらませていました。

14_0220_kawadu_z1.jpg

あれから、まだまだ寒い日が続くので、お花が咲くには至っていませんが、
それでもこの芽を見れば、暖かい日が来るのを今か今かと待っている様に見え
ますね。

14_0220_kawadu_z2.jpg

本場、伊豆の河津町ではもうお祭りが始まっているし、もう見頃になっている
そうです。この木も早く咲かないかな。



そうそう、河津桜とセットの菜の花は…
他所の花だんでこんな風でした。

14_0220_nanohana.jpg

せっかく咲き始めたのに、雪のいじわる〜。
あ、でも、この時点でまだ2/11だから、この週末、もっと深い雪に閉じこめられる
んですよね。春の象徴にも厳しいお天気だなあ。



菜の花には可哀想だけれど、しかたない、この日の目的は隣町の公園において
来ちゃった耳当ての回収と前回撮れなかった写真です。
元気に歩き出そう。

途中の道では、前回、通行止めになっていた道が綺麗に除雪されているのを確認。

14_0220_miti1.jpg

歩道はまだなんですけどね。

でもって隣町まで行く道が、なんだかモノクロで綺麗だったのでパチリ。

14_0220_miti2.jpg

2/11は雲が多めで、寒々した感じ。でも、元気に歩けばそれほど寒くはありません。

薄曇りの空に影絵のような樹形が綺麗です。
たまにはこんな風に樹形を眺めるのも良いものです。

14_0220_metasequoia.jpg

こちら…たぶん…メタセコイア。近づけないから確かめられないけど(^^;)。
もうちょっとしたら、地味な花盛りを迎えます。



そして、隣町へ行く途中の道ではおなじみの、当ブログに何度も登場している
メタセコイアとアオギリ。

14_0220_meta_ao.jpg

水色の絵の具ですっと一刷毛書いたように青空がのぞいていました。
冬らしい良い景色です。



この日は、朝のうちは薄雲が張りつめていたけれど、徐々に晴れ間も出て、
そこそこご機嫌なおさんぽになりました。気をよくして2/9には、雪が深すぎて
ろくに歩けなかった公園内と裏の北向きの斜面も見てきました。

そうそう、大事な耳当てですが、ヤブツバキの雪を払ってあげた場所に落ちて
いました。雪の上にふわっと落ちたので濡れもせず汚れもしなくて回収出来
ました。風の強い日にはとっても頼りになるので、取り戻せて嬉しかったです。

次の記事では2/11に、お気に入りの観察スポット、隣町の公園裏の北向きの斜面
で撮ってきた写真を見ていただこうと思います。




posted by はもよう at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。