2014年02月03日

天神様とハープ橋

今日は暖かかったですね。最高気温17〜8℃くらい有ったでしょうか。コート
無しで出掛けても全然寒くないほどの春の陽気。どこからともなくお花や草の
匂いもしてきて、小鳥の声も賑やかだったりして。
ありゃりゃ?みんな勘違いしちゃった?まだ春じゃないよぉ。明日はぐんぐん
気温が下がって、途中から雪になるそうです。今は信じがたいですが、油断
しないように気を付けなきゃね。

先週と先々週の週末の記録です。まずは先々週、1/25は実家の両親を誘って、
天神様に梅を見に行きました。

14_0203_tenjin1.jpg

まだ、ほとんど咲いていないし、お天気も曇天。残念感が残りました。翌週、
2/1は40代で亡くなった友人のお墓参り。この日は穏やかな晴天でした。





1/25は暖かくなるって言う予報を頼りに、娘まで誘っての実家詣で。
なのに、お天気今ひとつで本当に残念。でも、この日初めて、携帯で連絡とり
合いながらの合流に成功しました。なかなか携帯電話になれてくれなくて、
不携帯電話化しつつあったので、一歩前進です(^^*)。

それから、天神様へ向かう途中で面白いことがありました。
基本、人なつこい母が、見知らぬ人に天神様までの道を聞かれて、ちょうど
私たちも向かうところ、一緒に行きましょうと…。

14_0203_ume1.jpg

でもね、我が両親は歳にもかかわらず、とんでもない早足なんです。
道連れにされたおばあさま、わたしゃ今年80で、そんなに早くは歩けません…
ですって。(^m^)
ごめんなさい、あの人たち(この時すでに後ろ姿)今年お誕生日がくると2人とも
85になるんです。歳だなんて言わないでくださいね…って見知らぬおばあさまを
励ましつつ、うちの両親には
(^」O^)」おーい、速すぎるよぉって、声かけたりで大騒ぎ。

ほんとに、両親とも、元気で有り難いです。(^^*)。見知らぬおばあさまとは
鳥居のところでお別れ、これ以上つきあわせたらあの方、腰が抜けちゃいます。



さて、全国的に1/25は初天神。今年最初のお縁日の日でした。
梅はまだでも人では十分。なかなかの賑わいでしたよ。

14_0203_tenjin2.jpg

ちゃんと娘と息子の前途をお願いしてきましたよ。

うそ替えの神事も行われていて、お賽銭箱の隣には大きなうそが飾ってありました。

14_0203_tenjin3.jpg

こんなの初めて見たなあ。いつから飾ることにしたのかしら?

うそって、このデザインの木彫りの鳥のこと。モデルは本当にいる鳥で「鷽」と
書きます。去年あった悪いことをうそ(嘘)に変えてくれる有り難い鳥さんです。



梅よりロウバイの方が盛りでしたね。

14_0203_roubai.jpg

曇っていたので今ひとつ色がさえませんが、綺麗でした。
以前撮ったときはもう枯れかけだったから、綺麗に撮れて嬉しいです。



お墓参りもして、ちょっと離れた梅の庭へも回りました。

14_0203_ume2.jpg

まだお庭に入れません。そのくらい咲いてないってこと。

早咲きが数株、お花を付けていました。

14_0203_ume3.jpg

行き会うおばさま方とも、ちょっと早いわねぇ、残念ねぇなんて言葉を交わし
たりなんかして…。
まあ、また来ましょう。冬の花はゆっくり咲き進んでくれるから、チャンスは
何度もありますよ、たぶん。





2/1にまた都内へ。今度は、40代で亡くなった中学の同級生のお墓参りに。
長いつきあいだったんですよ。私が結婚するときも引っ越しを手伝ってくれて、
彼女の新婚のお家へもお邪魔したこともあったし…。
仕事や子育てが一段落したら、どこかへ旅行にでも行きたかったけれど、
今度会えるのは雲の上ですかねぇ。

14_0203_harp_kyo.jpg

旦那様の計らいで、お墓は中学時代を過ごした町の近くの霊園に有ります。
ご実家からも近くて、ご家族も安心でしょう。

たぶん、そろそろ13回忌のはず。

14_0203_hanataba.jpg

残された旦那様を煩わせたくないので、わざわざ問い合わせたりはしませんが、
たぶん、そのくらいです。きっと近々、法事もされるだろうからお花は小さく
簡単に。

彼女にそっくりの忘れ形見は、そろそろ、高校を卒業する頃。
ずいぶん時間が経ってしまいました。
それでも、彼女のお葬式の日のことは忘れられません。

14_0203_kasenjiki.jpg

家を出るときには晴れていたのに、斎場に着く頃から雪が舞い始めたんですよね。
春の、幻のような軽い雪。地面さえ濡らさないのに、お式の間中、窓の外を
雪が舞っていました。

明るい妻でしたから、泣かずに送ってやってくださいって所に、喪主のスピーチが
さしかかったときに、
遺影を抱いていたお父様の涙が、ちょうど娘の目の所に落ちたのが忘れられません。
奥様を50代で、娘さんを40代で見送らなければならなかったおじさまがお気の毒で
なりませんでした。

14_0203_skytree1.jpg

でも、弟さんの所に第一子が誕生し、可愛がっていた妹さんの結婚が決まって、
難産の末にもうけた愛娘が、どうやらちゃんと育ちそうな歳まで見守って、
一足先に逝っていたお母様に良い報告は出来たでしょうね。

ついでにこっぴどく怒られれば良いんだわ、私の分まで。何が何でも急ぎ過ぎよ。
文句言うのもお空の上に行かれる日まで、待たなきゃならないじゃないの。

14_0203_skytree2.jpg

この日のスカイツリーはかすんでいました。お天気は穏やかで春霞のよう。
でも、またすぐに寒さがぶり返すそうです。春は一進一退。急がない、あわてない。
さあ、日常へ帰りましょう。







posted by はもよう at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。