2014年01月30日

土佐と日向のミズキ

今日は 午後には雨だって言うから、傘持って出掛けましたが、降るには降った
けれどあっという間に止んじゃいました。
まあ、良かったけれどなんだかな〜って思いつつ、傘を持って帰りました。

1月3週目のおさんぽシリーズ5回目。いつもおさんぽしている公園の真ん中の池。
池のほとりは、低木の植え込みが何種類も とり囲んでいます。

14_0130_rengyo1.jpg

このあいだ冬芽を撮ったレンギョウに葉っぱが残っていました。






枯れ色の枝ばっかりになっちゃったレンギョウの茂み。
とびきり渋い色の葉っぱが残っていました。寒さをこらえて暗い赤い色になった
レンギョウの葉っぱと…

14_0130_rengyo2.jpg

同じ様な色だけれど、レンギョウじゃなくてスイカズラの葉っぱ。

14_0130_suikazura.jpg

寒そうな取り合わせだなあ(^m^)。



そうそう、ひこばえに並んだ葉っぱの芽しか、紹介していなかった桜の芽。

14_0130_sakura.jpg

これが花の芽(たぶん)です。
1/18の桜、まだまだ固いです。当然か。(^m^) 



別の植え込みにはへんてこな実。

14_0130_tosamizuki1.jpg

トサミズキの実です。
実がはじけてタネが落っこちたあとだから…実の殻?

この後はこの花芽がだんだん膨らんで綺麗な色になるのを眺めるのも楽しみのうち。

14_0130_tosamizuki2.jpg

すっかり膨らんだらはじけて、中から薄い黄色の花の穂を下げます。
その頃にはすっかり暖かくなっていると良いなあ。



そっくりさんのヒュウガミズキは公園の外で撮ってきました。

14_0130_hyuga_m1.jpg

ずっと細い枝に、ずっと小さい芽。
丸くてね、可愛いの。

14_0130_hyuga_m2.jpg

お花の穂も、ちょっと短めで。咲き始めのおしべの葯がオレンジ色なのが見分け
ポイント。トサミズキは真っ赤なんですよね。
ただ、咲いてから時間が経っちゃうと、おしべの色は消えちゃうのでご注意を。
ヒュウガミズキは枝も細めで葉っぱも花の穂も小さめだけれど、株は大きくもなれる
ので、図体だけでは何とも言えません。

まあ、とは言っても、うちの方だとトサミズキは腰の高さ、ヒュウガミズキは
ひざの高さに刈り込まれていることが多いですけどね。

2006/ 3/20付 「トサミズキとヒュウガミズキ」



おまけ画像は、ヒュウガミズキのそばの咲いてた菜の花。

14_0130_nanohana.jpg

春の申し子みたいなその姿。ああ、暖かそうだよ、見るだけでも。




posted by はもよう at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。