2007年04月12日

いつもの公園

毎日、お弁当を作るついでに みんなを早めに起こしていたら、
8時までには全員が出掛けて行くようになりました。
…ということは、またまた、自由時間が増たということ。
しめしめ(^^)今日は、午前中おやすみ〜!っと宣言して
いつもおさんぽしている公園へ。

ソメイヨシノが半分ほど散って、木の上も下も、ピンク色です。

07_0412_sakura.jpg

今日は、最近とか、去年の今頃とか…
話題にした木々のその後の様子などをご紹介です。
取り上げますのは、キブシとジューンベリーとトネリコの仲間の木の
花だのつぼみだの、若い実だのの写真です。




春まだ早いうちから、玉のれんのような薄黄色の花を下げていた
キブシもそろそろ終わり。
めばなは、花びらの内側で青い実を育てています。

07_0412_kibusi1.jpg

おばながびっしり並んでいた枝も 役目を終えてすっかすかです。

07_0412_kibusi2.jpg

めばなは覗くと↓こんな感じ。

07_0412_kibusi3.jpg

翡翠の玉のような青い実が準備中です。
これがまた、のれんのように下がるのが楽しみだな♪




このブログで時々取り上げて来ました
ビックスマイルだったり、ポチだったりした 表情豊かな冬芽が、
4/5に見に行ったら…爆発していました。

07_0412_toneriko1.jpg

ツブツブのモコモコ…これはおばなか おしべの固まり…と踏んで、
翌週の今日、その後の展開っぷりを見てきました。

今日の様子は↓こんな風。

07_0412_toneriko2.jpg

葉っぱが出て、おしべが房になって出ていて…。
うわぁ、びっくり箱みたい。

隣りの木は、もう少し地味なものが付いていました。

07_0412_toneriko3.jpg


トネリコくらい地味な木になると、画像の情報が少なくて、
これがトネリコなのか、近い種類の園芸種なのかは、
相変わらず解りません。

この後、カエデとは少し形の違う翼果がつくのも知っては居ます。
ただ、この木の葉が大好きなハムシが居て、
葉っぱっていう葉っぱをみんな食べちゃうんです。
葉っぱが付いてないと、種類の特定って難しいですよね。
ほんと、困っちゃう。でも、そのうちなんていう種類なのかくらいは
解るようになりたいです。引き続き頑張ります。




先日の4/5に、ユリノキの可愛らしい芽吹きを眺めたその日、
ジューンベリーのつぼみも写真に撮ってきました。

07_0412_juneberry1.jpg

赤みがさして、透明感もあって、
つぼみのうちからこんなに奇麗なの?ってびっくりしました。

07_0412_juneberry2.jpg

今は遠くから見てもはっきりそれと解るほど、
木全体に真っ白に花が咲いています。

赤くて可愛らしい実が実るのは6月の予定です。



この後、山野草の仲間も見つけました。その話はまた次の記事でご紹介しますね。


posted by はもよう at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。