2014年01月15日

ソシンロウバイの花

今日は朝からほぼ一日中曇って更に寒くなりました。我が家上空では雪こそ
降りませんでしたが、お天気の回復は、ほとんど日が落ちる間際になりました。
明日は晴れるけれどまだ気温は低いみたいです。風邪に気をつけよっと。

記事の方は1/5に隣町で撮ってきた写真の最終回。いよいよ最終目標に到達。
それがこのソシンロウバイの花。

14_0115_s_robai1.jpg

誰かが、隣町の公園の端っこにゲリラ植樹しちゃったソシンロウバイの木。
お花はあっちこっちで見られても、ひとんちのお庭じゃ写真も撮れませんが、
ここのは勝手に植えられた花。勝手に植えちゃったなら、勝手に見ちゃいます。
撮っちゃいますよ(^m^)。






公園の端の、ほとんど隣接した民家から、はみ出たように立っている木です。
たぶんあの家の人が植えちゃったのよ。公園を私物化したらいけないんだぞ。

14_0115_s_robai2.jpg

でも、そこそこ大きくなっちゃって、花を咲かせています。
元から大きな苗だったのかな?それとも成長が早いのかな?いつのまに?って
言うくらい唐突に存在していました。

まあ、写真に撮れるので、私としてはなんの文句もありませんけど。

14_0115_s_robai3.jpg

でも、公園の中なんですけどね。

ただ、お花にはまだ早かったかな。いくつも咲いていません。
目立つのは去年の実のカラばかり。

14_0115_s_robai4.jpg

ちゃんと手入れする人は 実をならせないって訊いたけれど、この木を植え
ちゃった人は手入れする気はないみたい。

ちゃんと手入れされていると見られないから、逆に珍しいかもしれませんね。
これがソシンロウバイの実です。

14_0115_s_robai5.jpg

若いうちは、物産展で売ってるイカめしみたいな形でした。
すっかり枯れて繊維ばかりが残っています。中には小豆みたいな実が入っていて
更にその中にタネが詰まっているそうです。

ロウで出来ているかのような半透明の花びら。
優しい黄色と甘い香りのソシンロウバイ。

14_0115_s_robai6.jpg

ゲリラ植樹の株だけれど、お花はちゃんと奇麗に咲き出しました。
花期が長いし、これから徐々に咲きそろっていくでしょうから、また見に来ます。



目的の物をあらかた見て、時間になったので家路につくことに。
帰り道で見かけたのは、そこそこ大きなマグノリア。

14_0115_magnolia.jpg

これはピンクのお花を咲かせるから、ハクモクレンじゃないことだけははっきり
しています。品種名はなんて言うのかな?


それから、道ばたの植え込みに沈丁花のつぼみ。

14_0115_jintyoge.jpg

赤いなあ。卒業シーズンに咲き出す花ですよね。
娘の大学生生活もあとちょっと。落第さえしなければ、もう、学生はおしまいです。
幼稚園から始まって、小中高大。
うわぁ、大きくなったもんだ。ラストスパート、頑張って欲しいなあ。



1/5のおさんぽ、ラストの被写体はノイバラの実。

14_0115_noibara1.jpg

後ろがヒイラギモクセイの生け垣で赤いノイバラの実が映えて、クリスマスカード
にちょうどイイ構図。

14_0115_noibara2.jpg

ああ、気づくのがあとひと月早ければ…。

来年のクリスマスカードに採用しますか、覚えていれば。←どうかな?



おさんぽはのんびりペースですが、実生活はちょこっと用事がたて込んでおります。
頑張ります。
次の記事はたぶん、1/12に隣町へ行って撮ってきた写真になる予定です。




posted by はもよう at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。