2013年12月29日

ヤブツバキのつぼみ

今日も良いお天気。今日は生協の荷物、年内最終便が届く予定でしたので、
その前に終わるように大急ぎで冷蔵庫の掃除をしました。すっきり綺麗に
なったところへ年越しそばからおせちから、たくさんの食材を詰め込み
ました。
これがすかすかになる頃、松が取れるかな。(^m^)プチ冬ごもり完成です。

記事の方はまだまだ続く冬至さんぽの写真。

13_1229_yaburan1.jpg

落ち葉の方が目立つようになった北向きの斜面でツヤツヤ黒いヤブランの実。






薮のヤブランは元気ですね。さすが自分で気に入ったところへ芽を出した
だけのことはありますわ。

13_1229_yaburan2.jpg

大きな株にもツヤツヤの実。
また来年、たくさん咲いてね〜。



もうちょっと進んで見かけたのは、まだ残ってたオトコヨウゾメの紅葉。

13_1229_o_yozome.jpg

緑色の常緑は、アオキの葉っぱ。赤い実はまだ目立ちません。

画面に映り込んでいるのは、オトコヨウゾメの実だとばかり思っていたけれど、
よく見たら、マンリョウの実でした。

13_1229_manryo.jpg

さすがマンリョウ、こんな所にも居ましたか。(^m^)



お気に入りの観察スポット「北向きの斜面」の途中にいつも定点観察をして
いる場所があります。大きな切り株が目印のところ。

13_1229_teiten.jpg

ナツヅタとフユヅタ、スイカズが猛烈にからみつき、周りにオトコヨウゾメや
ヤマジノホトトギスが咲きます。

この日はその中にも、とびきり小さな赤い実を見つけました。

それが ↓ ヤブコウジ。いろんな葉っぱがひしめき合っている↑画面の右の方。

13_1229_yabukouji.jpg

可愛い赤い実、また見せてもらいました。
生存競争厳しいけれど、がんばれ ヤブコウジ。



ヤブコウジを見かけた 定点観測の場所の隣には大きなヤブツバキ。

13_1229_yabutubaki.jpg

冬至の頃はまだつぼみでした。春が近づくと、ここにびっしりと赤い花が咲き
ます。もういつ咲いてもおかしくないほど大きなつぼみになってますね。



こっちの渋めな黄色い葉っぱはコゴメウツギ。

13_1229_kogome_u.jpg

砕けたお米みたいな、小さくて複雑なデザインの白いお花をたくさん見せて
くれましたが、今はもう葉っぱを散らして冬の眠りにつくところ。
また来年ね。



こちらの赤い葉っぱも 春に白いお花を眺めた枝です。

13_1229_nigaitigo.jpg

鋭いトゲが並ぶニガイチゴ。
クサイチゴ、ヒメカジイチゴと来て ニガイチゴにも会えました。
木苺のお花もまた来年ね。



この記事ラストはヤマウルシのおちびちゃん。

13_1229_yamaurusi.jpg

大きかった株が刈られたあとだから、たぶん間違い無し。
せっかく大きくなったけれど、また小さいサイズからやり直し。
植物は口をきかない分、辛抱強く生きてます。
微力だけれど、応援してるよ。o(^^o)


明日はあとちょこっと買い物に行こう。
記事はたぶん春待ち草を少々。




posted by はもよう at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。