2013年12月27日

コナラの幼樹

今日は仕事納め…とは言ってもパートの方だけですけどね。主婦業は明日からが
ラストスパートですから。お天気はもうひとつでしたが、仲間と忘年会も出来て
楽しい一日でした。明日からも頑張ろう。

さて、記事の方はまだまだ続く、隣町での冬至さんぽ。お気に入りの観察スポット
「北向きの斜面」でこの日とっても目立っていた葉っぱを見ていただきましょう。

13_1227_konara01.jpg

枯れ草の斜面にカラフルな葉っぱ。




お花じゃないですよ、ポインセチア売り場でもないです。

13_1227_konara02.jpg

これみんなコナラの幼樹です。
雑木林のどんぐりがこぼれて斜面を転がって、芽を出して居ました。
秋になって、大きな樹と同様に紅葉しましたが、大きな樹とは、ちょっと様子が違う
のは、その紅葉ぶりの多彩なこと。



黄色っぽかったり…

13_1227_konara03.jpg

赤っぽかったり。

13_1227_konara04.jpg



葉っぱに模様が付いているように見えたり…

13_1227_konara05.jpg

チェックかな?

じわっと淡い色だったり…

13_1227_konara06.jpg

ピンク色って言うのかなあ?

思い切ってすっけすけになっちゃったり…

13_1227_konara07.jpg

向こうが見えちゃうよ。



大胆な配色に驚いたり…

13_1227_konara08.jpg

しっとりと、秋の風情に感心したり…

13_1227_konara09.jpg

しばし味わう天然の絵画展。楽しかったですよぉ。
コナラの幼樹って本当に、思い思いに色付くから飽きないですね。



コナラばっかりじゃ何だからご近所の葉っぱをあと2つご紹介。
こちらはちっちゃいトゲがあったからたぶん、サルトリイバラ。

13_1227_sarutori_i.jpg

半透明のお花が鞠状に咲いたり、真っ赤な実が付いたり、サルをも捕らえる
かぎ爪みたいなトゲが付いたりするつる性植物です。



でもってこちらが、たぶん、ニガイチゴとカジイチゴの交雑種の
ヒメカジイチゴ。

13_1227_h_kajiitigo.jpg

じわっと赤味が差してきたけれど、この先もっと赤くなるのかな?
ならないのかな?また見に行ってこなくっちゃ。



次々といろんな物に出会っちゃう北向きの斜面、次の記事ではつる性植物の
実を、あともうちょっと追加でご紹介します。






posted by はもよう at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。