2013年12月18日

ニシキギとマユミ

今日は日差しもなくぐずついて寒い一日でした。今のところまだ、たいした降水では
無いのですが、夜更けには雪がちらつく予報です。風邪ひかないように暖かくしなく
ちゃね。
記事の方は11月最後のおさんぽの続き。いつもおさんぽしている近所の公園を巡って
雑木林ゾーンへ。あっちこっちの紅葉に見とれてつつ、雑木林を出て開けた場所へ。

13_1218_sakura.jpg

散り敷く落ち葉は桜の葉っぱです。他所よりちょっと赤くなって居ます。







開けたところには腰の高さほどに刈り込まれた植栽があります。
今が一番華やかなニシキギの植え込みです。

13_1218_nisikigi1.jpg


紅葉自慢の木ですから見事ですよ、赤い葉っぱ。

お日様の光が透けて…

13_1218_nisikigi2.jpg

更に色鮮やか。赤くて綺麗なニシキギの紅葉。素敵ですね。


腰の高さの植え込みと言えば、別の場所にはユキヤナギが植えられています。

13_1218_y_yanagi.jpg

郊外に引っ越してくるまでは、ユキヤナギがこんなにカラフルに色付くなんて思いも
しなかったのですが、緑、黄色、オレンジ、赤、エンジといろんな色になりますよ。
ずっと郊外だからかなと思っていましたが、いつだったか、都心で見かけたときにも
そこそこ色付いていました。気づかなかっただけなのね。(^^;)
でも、この姿が見られるのもつかの間です。あっという間に枯れ色になって散って
しまいます。



ニシキギ科の木もう一本。こちらはマユミです。
あずさゆみ、まゆみ つきゆみ 〜 と歌にも歌われたあのマユミです。

13_1218_mayumi1.jpg

ここのところ不作続きでしたが、今年は久しぶりに実がたくさん付いたようです。

いびつなサクランボのような実がはじけて、中から赤いタネを出します。
小鳥さんの群れが通りかかって、実をついばんでいました。

13_1218_mayumi2.jpg

マユミも、紅葉自慢の木です。
どの葉っぱも色鮮やかに紅葉するわけではないのですが、条件が整えば
↓ このくらいには見せてくれます。

13_1218_mayumi3.jpg

実と一緒に撮れなかったのが、残念ですが、これがマユミの紅葉です。
お花は地味だったけれど、実は華やかな紅梅色。
この日が一番綺麗でしたね。



おまけ画像はそっくりさんのエノキと…

13_1218_enoki.jpg

ムクノキ ↓。

13_1218_mukunoki.jpg

オレンジ色だったエノキの実も黒くなっちゃって、写真じゃムクノキとの区別が
つきにくいかな?
でも、大きさが違うから、解るかな?


触るとはっきりするんですけどね。
エノキはすべすべで、ムクの葉っぱは紙やすりみたいザラザラなんですもの。




おさんぽは続いて今度はラクウショウのたくさん立ち並んでいる方へ行ってみます。
良かったらまたお付き合い下さい。









posted by はもよう at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。