2013年12月14日

いつもの公園の樹

今日も穏やかで良いお天気でした、うちの方。ただ、とっても冷えましたけど。
今日は久しぶりに娘と電車に乗って買い物に行きました。服を買ったりお茶したり、
師走の街をちょっとだけ、眺めてきました。楽しかった。また明日から頑張ろう。

記事の方は、11/30のおさんぽの続き。いつもの公園でいつも見かけるあれこれを
確認してきました。

13_1214_nouzen_k.jpg

公園のあずまやにからんだノウゼンカズラ。
夏にびっしり茂った葉っぱの名残が黄色く色付いて居ました。





別の場所ではフジの葉っぱが黄色くなっていました。

13_1214_fuji.jpg

初夏に一度咲いて、夏に二度ほど返り咲きしたど根性フジも葉っぱが黄色くなり
ました。お豆のさやもいっぱい下がっていたけれど、大体はじけてまた来年。

お隣のイチョウの葉っぱも黄色くなりました。

13_1214_fuji_ityo.jpg

一角、すっかり黄色いなあ。


もうちょっと歩いてこちらはミズキの前、向こうはコナラの木。

13_1214_mizuki1.jpg

コナラは後でご紹介するとして、まずはうす色に変わったミズキの葉っぱ。

13_1214_mizuki2.jpg

薄い黄色になることが一番多いんだけど、赤とか黄色とかいろんな色に染まったり
します。葉っぱが落ちた後は、思いのほか力強い枝振りが楽しめます。



春にお花を楽しんだヒメリンゴ。実が赤くなりました。

13_1214_h_ringo1.jpg

枝いっぱいに実ったねぇ。

ちょっとさくらんぼみたいだけれど、実の材質はやっぱりリンゴです。

13_1214_h_ringo2.jpg

八百屋さんにミニサイズのリンゴを姫りんごと言う名前で売られることがあると
思いますが、ここに咲いているのは大体こんな形です。



真っ青な空に映えるのはチョウセンゴヨウ(たぶんね)の松ぼっくり。

13_1214_t_goyou.jpg

ちょこっと細長くて、ヤニがかかって白くかたまると霜がおりたように見えるので、
クリスマスに似合うなと思います。
ただ、ヤニが乾く前だとべたべたするので、拾うときには注意が必要です。



隣町へ行く途中の道で見かけたけれど、いつもの公園でも見つけました。
冬に咲くビワ(枇杷)の花です。

13_1214_biwa1.jpg

常緑の大きい葉っぱ、毛深いガク(萼)に守られた白い花。

13_1214_biwa2.jpg

そばを通るとふんわり良い匂いがします。



そういえば、ここじゃないけれど、最近、我が街の常緑樹にはしばしばスズメが
身を潜めています。もっと街中の大きなビワの木にも居ましたもの。

この日撮れたのはキンモクセイ(金木犀)の葉っぱの陰。

13_1214_suzume.jpg

まるまる太ったスズメが撮れました。可愛いなあ。



最近都内ではスズメの数が減っていると聞きますが、我が家周辺ではここ数年、
やけに目に付くようになりました。
以前はムクドリが群れていた駅前のケヤキ並木を、最近はスズメの群れがねぐらに
してました。夕方になるとあちこちの小さな群れが次々に集まってくるのは
とっても壮観な景色でした。そして辺りがすっかり暗くなるまで、賑やかに
鳴き交わして居ました。

秋になって葉っぱが散ったら、今度は街中の常緑樹に分散して泊まるようになり
ました。都内のスズメが引っ越してきたのかなあ?それとも、最近の住宅には
スズメが入り込む余地が無くて、家に住めないから木に集まっているのかなあ?
不思議に思いつつ眺めています。







posted by はもよう at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。