2013年12月11日

真っ赤な楓

昨日の雨もたいしたこと無く、また、晴れて乾燥した日が続くようです。今朝だけは
冷え込みがゆるみましたが、それも一時的なものでしょう。風が強かったせいか、
見渡す限りの木々の葉が落ちて、いよいよ冬らしい景色になってきました。そんな中、
久しぶりに知人から連絡があり、一緒に近所の公園を一周してきました。
しゃべって歩いて、良い気分転換になりました。何かと用事の多い師走ですが、この
後も元気に過ごせそうなパワーをもらえました。p(^へ^)いろいろ、頑張ろう。

記事の方は、このあいだの記事でご紹介した 色づきかけのカエデがすっかり赤く
なったので、また行って撮ってきました。

13_1211_iroha_k1.jpg

真っ赤なイロハカエデです。





どっさり落ち葉を振らせた大ケヤキも、

13_1211_keyaki.jpg

青空が透けちゃうくらい身軽になった11/29。


パステルカラーだったイロハカエデも、すっかり真っ赤になりました。

2013/12/ 7付 「色づきかけ楓」

横から見ても…

13_1211_iroha_k2.jpg

見上げてみても真っ赤っか。

13_1211_iroha_k3.jpg

もっと上の方まで、どこまでも赤いです。

13_1211_iroha_k4.jpg

赤い葉っぱには、青い空が似合いますねぇ。


お日様の光を浴びて、葉っぱに残った栄養分を赤い色素に変えるんですって。
だから、日当たりが良いところほど赤くなります。

13_1211_iroha_k5.jpg

色付き方には早い遅いが有ったけれど、すっかり赤くなっちゃった後からでは
どれが早くて どれが遅かったかなんて解りません。

13_1211_iroha_k6.jpg

年に一度の晴れ姿。

13_1211_iroha_k7.jpg

有名な名所でなくても、もみじ狩りの人が繰り出さなくても…惜しみなく
赤いなあ…。見事だなあ。




こればっかりじゃ寂しいので、この日、この近くの花だんで見かけた変わった
植物も載せておきますね。

それがこの ↓ 真っ黒い草。

13_1211_blackpearl1.jpg

実も葉っぱも茎も、何から何まで、コールタールを浴びたように真っ黒です。

見え隠れする赤いのは実? 黒から赤く熟すのか、赤から黒になるのか
見ただけでは解りません。なんだこれ? 早速、ネット検索しました。

13_1211_blackpearl2.jpg

結果は観賞用唐辛子でブラックパールという品種らしいです。
そういえば、ここのところ あちこちの花だんで色とりどりの観賞用唐辛子を
見てきましたけれど、こんなに黒いのがあったなんて初めて知りました。

ちなみに黒い実が熟すと赤くなるようです。
これでちゃんと光合成も出来ているのかな? 唐辛子だから実は辛いのかな?
いろいろ気になりました。出来たら濃い紫色のお花も見てみたかったです。




posted by はもよう at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。