2007年04月08日

雑木林の芽吹き

夜のうちは雨が降りましたが、あけて日曜日の今日も
気持ちよく晴れました。
今日は今日で、お気にいりの観察スポット「北向きの斜面」へ行って
たくさん写真を撮ってきましたが、それはまた後日ご紹介するとして、
今日も昨日に引き続いて、雑木林の芽吹く枝先とにらめっこです♪


急いで雑木林を見に行ったのは、数日前に車で通ったときに、
ニガイチゴの花が咲いているのを見かけたから。

07_0408_niga_i.jpg

去年、モミジイチゴかな?と思ったニガイチゴ。
今年はちゃんとわかります。
白い木苺の花。林床のヤブにいっぱい咲いてました。




土曜日に見に行ったのは、個人所有の雑木林。
公園とはまた
ひと味違うものが生えているので、楽しみな観察スポットです。

特に、芽吹き時の美しさは何にもたとえられないほど奇麗で、
毎年、この時期を心待ちにしているんです。



07_0408_zokibayasi1.jpg

白っぽく煙るように芽吹くのはコナラ。
毛深い新芽はキラキラと光を反射し銀色に見えます。
やがて少し葉が大きくなると今度は 柔らかな緑色。

07_0408_konara.jpg

奇麗ですねぇ。

クヌギは少し黄色っぽく芽吹きます。
コナラよりも、おばなの下がり方が派手で、
葉っぱの違いよりも芽吹き方の違いの方が目に付きます。

07_0408_kunugi.jpg




雑木林を透かし見ると、奇麗な緑色の芽を点々とつけた木があります。

07_0408_zokibayasi2.jpg

ゴツゴツした幹の影の中、小さな葉っぱが光を受けて浮き上がって見えるのは
エゴノキの芽吹きです。

07_0408_ego1.jpg

樹齢を重ねると節くれ立ち、ゴツゴツの幹になるエゴノキですが、
枝先の芽は毎年小さくて可憐です。

07_0408_ego2.jpg

星状毛と言われる束になった毛が生えているので、芽生えたての新芽は
なにやら ぼつぼつ、ざらざらしているように見えます。
雑木林の中でも一足早く目覚める、早起きさんの木の芽です。
可愛い新芽ちゃん、おはよう。今年もよろしくね。



武蔵野の面影を残す我が街の、独特な風景である雑木林。
人々が自然と折り合いを付けながら、上手に利用してきた里山の文化の象徴。
市長さんは里山体験館を造りたい意向でもあるはず…なのに…、
残念ながら私の家の近所では、個人所有の雑木林は減る一方です。

この日見た雑木林が妙に明るいのは…こんなことになっていたからでした。

07_0408_zokibayasi3.jpg

半分ほどが切り開かれ、宅地用でしょうか、造成されていました。

タチツボスミレやキジムシロが可憐に咲いていた林床に
新しい住民が、西洋風の園芸種を植えて、
ガーデニングなどを楽しむことになるでしょう。
ここに大きなガマズミがあって、今年こそは白い花と赤い実を
ちゃんと写真に撮ろうと思っていたのに残念です。



さて、明日は息子の入学式。娘の学校も本格始動です。
私は慣れないお弁当作りや式に出る支度など、忙しくなる予定。
頑張らなくっちゃ。p(^^)q

戻って来たら今度は、お気に入りの観察スポット
「隣町の公園裏の北向きの斜面」の写真をご紹介しますね。
すっごい奇麗で、100枚もあっという間に撮っちゃったんだ♪(^^;)
とりあえず今日は早寝します。



posted by はもよう at 23:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雑木林、いいですね〜。^^
うちのまわりの雑木林もドンドン切られ、宅地になり
あっという間に家が建ち、寂しいかぎりです・・。

日本の野の草木は、園芸種のように大きい花でもなく、色もギラギラケバケバしたのはほとんどありません。

子供たちに日本の自然、雑木林をこのままの姿で残してやりたいものです。そこに来る鳥やら蝶、昆虫なども。
Posted by winc at 2007年04月09日 13:01
こんばんは。

武蔵野の原風景、かくありなん・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2007年04月09日 21:39
コナラの若葉はぼくもブログに載せたばかりです。
色合いがとてもきれいですよね。
いっぽう、ミズナラの若葉というのは、どうもあまり見映えがよくありません。
Posted by ディック at 2007年04月09日 22:31
wincさん、こんばんは。
良いでしょ、雑木林。特にこの 芽吹き時は絶品です。
でも、すごい勢いで減っても居ますよね。
日本の自然、人が自然と折り合い付けて生きてきた歴史…
いろいろ、残して欲しいものがあります。
絶えてしまってからでは遅いのですから、何とかしたいものですね。
Posted by はもよう at 2007年04月09日 23:45
こんばんは、nakamuraさん。
残念ながら、武蔵野の原風景…と言うには少しばかり小規模です。
我が家の方にはもう、こんな切れっ端しか残っていません。
もっと奥に行くともう少し大規模なのが残っているんですけどね。
でも、ちょっとでも仕方ないから、残して欲しいものです。
Posted by はもよう at 2007年04月09日 23:49
ディックさん、こんばんは。
コナラの若葉は奇麗ですよね。
へぇ〜、ミズナラはあんまり綺麗じゃないんですか?
見てみたいなぁ。

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2007年04月09日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。