2013年12月01日

名残りの花

今日も穏やかな晴天でした。朝は町内会の大掃除、昼頃は法事で都内のとある寺。
予定が2つもある日だったので、お天気が良くて助かりました。今日から師走。
いやぁもう、日のたつのが早く過ぎて、全然、意識がついて行けません。
でも、一歩ずつ、今年を納める準備をしましょう。頑張るぞ。p(^へ^)

さて、記事の方は11/16に、隣町で撮ってきた写真から。
お気に入りの観察スポット、「北向きの斜面」で見つけた咲き残りの野草を
見ていただきましょうね。

13_1201_nodake1.jpg

一枚目は、何度も登場してくれましたセリ科のノダケのお花。






白いお花が多いセリ科の中では異色の暗紫色のお花。

13_1201_nodake2.jpg

イヌタデの可愛いお花畑でも、異彩を放っていました。晩秋らしい、良い色です。
ノダケの種はカレーの匂いなんですよ。今度行ったら、見られるかな?




夏には高原のお花の様に爽やかに、秋になると寂しげに秋のお花として、
まだ咲いてる頑張りやさんはヒヨドリバナ。

13_1201_hiyodori_b.jpg

花期長いなぁ。
お花が終わったら、綿毛の付いたタネを付けます。でも、まだまだ枯れる気は
ないらしいです。



ちっちゃくて可愛いイヌコウジュ。

13_1201_inu_koju1.jpg

寒くなると、ますます色が濃くなって愛らしさが増します。

13_1201_inu_koju2.jpg

茎やガク(萼)だけでなく、葉っぱもほんのり色付いて、イヌコウジュの秋、
順調に進行中です。



斜面のヤブの中に、シラヤマギクを見かけました。

13_1201_sirayama_g1.jpg

まだ咲いていたんだねぇ。

ヨメナに対してムコナ。優しい風情のお花が多い野菊界にあって、
質実剛健なハンサムさん。

13_1201_sirayama_g2.jpg

こちらも、高原の花がここにも〜って感じで、夏中咲いてたけれど、
こんなに秋深まった今も咲いているんだねぇ。



ヤブにはお約束のヤブラン。

13_1201_yaburan.jpg

つやつやの実になっていました。可愛いねぇ。



最後は花だんで咲き残っていたノコンギク。

13_1201_nokon_g.jpg

綺麗な紫もそろそろ見納めかなあ。
一時は減っちゃうかなと心配した年もあったけれど、今年はたくさん楽しめ
ました。また来年も会えますように。



今度は何を見ていただこうかな?





posted by はもよう at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。