2013年11月25日

真っ赤な秋の実

今日は久しぶりに曇りましたね。夜には雨になりました。乾燥が進んでいました
から、ちょっとはお湿りがあった方が良いですよね。これで落葉がますます進み
そうですね。昨日なんかも、紅葉が綺麗だったけれど、あと何日見られるかな。

さて、記事の方は11/14に近所の河原で撮ってきた写真シリーズの最終回。
会いたかった赤い実に会えたので、見ていただきましょうね。

13_1125_manryo.jpg

河原では、赤くなってたマンリョウの実。まだ小さい株でした。






川の近くの、木立の横を通り抜け、ノブドウの色とりどりの実を眺めつつ坂を
下って、いよいよ河原の方へ降りたところ。
ここでは以前 大きな株のヒヨドリジョウゴを見ています。今年もあるかな?



でも、先に見つけたのはクコの実。
お花はすでに何度もみかけて写真にも撮っているけれど、実を撮ったのは今年初。

13_1125_kuko1.jpg

しかも枝いっぱいにたわわに実ってます。

綺麗な朱赤。不老長寿の薬らしいですよ。ほんとかな?

13_1125_kuko2.jpg

こっちの枝にも赤い実が惜しげもなくずらっと並んでいます。

13_1125_kuko3.jpg

今年もいっぱい撮れて嬉しいです。クコの赤い実。



さて、お目当てのヒヨドリジョウゴですが、まず見つけたのはまだ青い実。

13_1125_h_jougo1.jpg

解ります?
ここのヒヨドリジョウゴの実はまだ緑色ですが、ツヤツヤしていて目立つでしょ。


前にもっと大きな株を眺めて居るんだから、他にもないのかなあ?
一生懸命草むらを探して見つけました、ヒヨドリジョウゴの赤い実。

13_1125_h_jougo2.jpg

つるに艶やかな実がいっぱい。ゆらゆら揺れているのは、本当に良い景色。
実が、緑から赤に変わるところが、また、良いんですよね〜。



おまけ画像は真っ赤な葉っぱ。

13_1125_hazenoki1.jpg

ハゼノキの葉っぱと実です。
ウルシ科なので、やっぱりウルシ科らしい葉っぱをしていますね。
灰色の粒々は実です。


で、ここへ来たらお約束で 見上げてみなくちゃなりません。
見上げた空には…黄色くなりかけの銀杏ともさもさのハゼノキの端っこ。

13_1125_hazenoki2.jpg

綺麗な赤い色でしょ。

染まるそばから散っちゃうので、一瞬の輝きですよね。

13_1125_hazenoki3.jpg

ハゼのはあかくて入り日色〜♪  の、ハゼの葉ですよ。
ああ、なんて赤い。

赤い実と赤い葉っぱをいっぱい眺めたおさんぽでした。
やっぱり赤い色は眺めているだけでも、元気になりますね。
11/14に近所の河原で撮ってきた写真はこれでおしまいです。
今度は隣町へ行って また違うものを眺めてきました。



今日の雨で、隣町のカエデも赤くなったかな。それとも、強い風で葉っぱが
あらかた散っちゃうかな?
出来るだけ、ゆっくり進んで欲しい秋なんですけどね。(^^*)



posted by はもよう at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。