2013年11月24日

色とりどりの実

今日も日中は暖かく、穏やかでした。小春日和って言うんですかね。ちょっと
日差しが強すぎて、心の中にある’感じ’にそぐわないんですけど。(^^;)
今日は久しぶりに東京の下町にある実家へ行って、両親の顔を見てきました。
結構、高齢なんですけどね、元気でいてくれて本当に助かってます。

さて、記事の方は11/14に近所の川のそばで撮ってきた写真の2回目。
木立のあるところから河原までの、ほんのちょっとの間に2種類の綺麗な実を
見つけましたので見ていただきましょうね。

13_1124_kiduta.jpg

とりあえず一枚目はキヅタの葉。







葉っぱが落ちていた近くの花だんにドイツスズランの実が赤くなっていました。
日本に自生するスズランは涼しい気候が好きだそうで、都会では育てにくいのだ
そうです。その上せっかく咲いても葉っぱの陰で、全然目立ちません。

13_1124_d_suzuran.jpg

それに比べてこの、ドイツスズランは丈夫で良く殖え、お花は葉っぱと同じ高さに
咲くので見栄えがします。
たくさん植えられていますね。白いお花の後は丸くて赤い実が付きます。
可愛いけれど全草毒です。活けた後のお水までキケンです。お取り扱いには十分
ご注意下さい。



河原へ降りる短い坂道、道の途中に去年までヒヨドリジョウゴの実を眺めた株が
あったのですが、残念、今年はもう刈られちゃいました。
根っこが残って、来年また芽を出してくれないかな〜。

未練がましく眺めていたら、今年なかなかそばで見られないでいた 別のつる草の
実を見つけました。ツルウメモドキです。

13_1124_t_umemodoki1.jpg

黄色くなった葉っぱ。しゅっと伸びた枝に見えるけど…あれ、つるの先です。
オレンジ色のからに包まれた実と、からが割れて中の赤いタネがのぞいている実と
有ります。
可愛いでしょ。この姿が気に入られて、生け花の花材としても使われます。
お花屋さんに売ってたりもするんですよ。

木の上の方を見ると、まだまだつるがからんでいるのが見えました。

13_1124_t_umemodoki2.jpg

オレンジ色の実のからがいっぱい見えます。

精一杯手を伸ばして実のひとかたまりを接写しました。

13_1124_t_umemodoki3.jpg

解るかなあ。
株によっては黄色くも見えますが、この株はオレンジ色…って言うか、枯れ色ですね。
からが乾いてパカッと割れて、その上だいぶ反対側に反りかえっています。
赤いのが仮種皮に包まれたタネです。

私の行動範囲では高い木の上の方とか、近づけない場所でしか見られなかったから
ここで接写できて嬉しいです。



道の反対側には大きな柿の木。

13_1124_kaki.jpg

葉っぱはすっかり赤くなったけれど、あれれ?実はもう残ってないよ。
柿の実が付いて無くっても柿だって解るのは、もう何年も見守ってきた木だから。



そしてその足元には、去年眺めたノブドウがあったはず。
キョロキョロ探すと、辺り一面の葉っぱの陰に、青、紫、水色、黄緑…
いろんなノブドウの実がかくれんぼ状態。

13_1124_nobudou1.jpg

う〜ん、綺麗だけれど絵にならないよ。写真だと伝わらないし。

もっとまとまって付いている場所はないのかな?
あちこち探して見つけました。

13_1124_nobudou2.jpg

この場所ではここが一番密集してました。うふふ…いろんな色があって綺麗だな。

ノブドウも、今年はあまり良い写真が撮れていないので、ここで満足しないで
もうちょっと探します。



柿の根元から更にその下の坂道を見ると、ついこのあいだまで、夏草でふさがれて
いた道が綺麗に草刈りされていました。草刈り隊の皆様。ありがとう(^人^)←現金


見つけましたよ、更に綺麗な色のノブドウ。今度は赤紫色。

13_1124_nobudou3.jpg

良いねぇいいねぇ。

そして、この場所で撮った一番のお気に入りはこちら。

13_1124_nobudou4.jpg

いろんな色に元気な葉っぱ。背景がガードレールじゃなかったら更に良かったんだ
けど、まあ、贅沢は言わないでおきましょう。
今年も綺麗なノブドウの実を写真に撮れました。秋の恵みに感謝感謝。(^^*)



さてさて、河原に降りて、いよいよあれとあれにご対面〜。
11/14、最後の記事は赤いものづくしです。(^▽^)ノ



毎日晴れは嬉しいけれど、空気の乾燥が気になりますね。そういえば、近所で
消防車のサイレンも響いていたっけ。お肌の乾燥と火の元に注意しましょうね。
明日からちょっと雨が降るらしいです。




posted by はもよう at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。