2013年11月16日

野紺菊と吉祥草

昨日とはうってかわって、今日は朝から良いお天気でした。昨日より5℃ほど
高いとか。午前中は他の用事があったので、午後から隣町へおさんぽに行って、
青空の下の紅葉を撮ってきました。それはまた、あとでご紹介しますね。

今日の記事は11/10のおさんぽから。いつもの公園の山野草の花だんには
毎年楽しみにしているお花咲くんです。
ひとつめはノコンギク。

13_1116_nokon_g1.jpg

野原で見るのよりずっと色が濃いから、園芸種のコンギクと呼ばれる品種かも
しれません。







初夏にはシャガがたくさん咲いた場所。太い葉っぱはシャガの葉です。

13_1116_nokon_g2.jpg

花後に綿毛になるのも確認済み、毎年眺めているノコンギクです。

サオトメバナやミズヒキ、ヤブガラシなんかと一緒にもみくちゃになりながら
咲いてます。

13_1116_nokon_g3.jpg

ちょっとタイミングが遅れちゃったかな。
茶色くなっちゃった。

でもまだ、綺麗なのもあるよ。

13_1116_nokon_g4.jpg

秋らしい紫色。綺麗だな。

はっきり解っているお花で、ノコンギクのガク(萼)っぽいところ(総苞)を確認。

13_1116_nokon_g5.jpg

総苞片の端っこが赤い縁取りになっているのが特徴的。
花の色が濃い株に多く見られます。

今年も山野草の花だんのノコンギクに会えました。

13_1116_nokon_g6.jpg

地味めな綿毛になる頃また 見に来ようと思います。



お隣はキチジョウソウ(吉祥草)。

13_1116_kitijo_s1.jpg

そっくりさんのジャノヒゲよりは太くてしっかりした葉っぱ。
日本の花にはあんまり見かけない濃いピンクの花茎。

咲くと良いことが起こる兆し「吉祥」だと言われるお花。

13_1116_kitijo_s2.jpg

まあ、とっても丈夫で良く殖えて、毎年どっさり咲いてます。

毎年良いことが起きて居るんだよ。
そうなのかな?

花は白く見えますが、こうして拡大してみると光沢のある薄いピンクですね。

13_1116_kitijo_s3.jpg

お花のあとは実が出来ますが、実の色もまたこの独特な色合いの花茎と
同じ色の実がなります。

毎年、ほぼ確実に見られるけれど、良いことの前触れ吉祥草の花。
良いこときっと起きますよね。(^人^)お願いします。



明日も良いお天気かな?どんどん寒くなっていますが、どちら様も暖かくして
お元気にお過ごし下さいませ。

次回もやっぱり11/10のおさんぽの続き。また木の写真…かな。






posted by はもよう at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。