2013年10月28日

カマツカの実

今日は冷え込みましたね。風邪ひきませんでした?でも日中は良いお天気でした。
そろそろ街路樹のケヤキからタネを付けた小枝が降ってくるようになりました。
今年の秋は、駆け足で深まっちゃいそうですねぇ。

記事の方は10/14に隣町で撮ってきた写真の続きです。
隣町の公園、谷の斜面を登ったところ、お目当ての木は日向のカマツカ。

13_1028_kamatuka1.jpg

日当たりの良いところでこんもり育っていたカマツカの大株です。
前回緑色だった実が色付いていました。




今年は、株の下の方の枝がだいぶ剪定されちゃって、すかすかなんですが、
手元の枝が無くて、

13_1028_kamatuka2.jpg

実が付いているのは背の届かないくらい、遙か上の方。

でも、青空を背景にした赤い実もイイ感じ。

13_1028_kamatuka3.jpg

ツヤツヤしていて綺麗です。
今年は近くで見られないけれど、きっとまた低い方からも枝が出て、近くで
赤い実見られるかな。


カマツカのお隣はヨーロッパトウヒ。
ヨーロッパでクリスマスツリーと言ったらこの木なんだそうです。

13_1028_e_touhi1.jpg

あれ?モミノキは?

こずえの上の方に松ぼっくりが見えます。

13_1028_e_touhi2.jpg

ちょっと長めの松ぼっくり。

ハト時計の重りのモデルと言われているそうです。

13_1028_e_touhi3.jpg

似てる?
なかなか拾えないけれど、拾ったことはあるんですよ。

2011/10/ 6付 「針葉樹の実」

花も見ましたよ。

2011/ 5/14付 「松の花」

また会いに来ますよ。元気でね。




また降りて公園裏の「北向きの斜面」へ。
いつも赤いお花を楽しむ椿の大株。実が弾けてタネがこぼれたあとがお花みたいに
開いています。

13_1028_tubaki.jpg

よく見るとつぼみの準備も出来ています。
サザンカは秋の終わりに咲きますが、ツバキは春に咲くんです。
つぼみの用意は出来ても、咲くのはもっと先。楽しみだな。



こちらで赤くなってきたのは落葉のナツヅタの葉っぱ。

13_1028_natuduta.jpg

ますます秋らしい景色になってきました。



同じツタの葉でもこちらは常緑のフユヅタ。
ナツヅタはこのあいだ実をご紹介しましたが、フユヅタには実が付いていません。
だって、これからお花が咲くんですもの。

13_1028_fuyuduta1.jpg

ほら、ここにつぼみがあった。

でもって、ちょっと行った先で咲いているのも見つけちゃいました。
ほら、可愛いなぁ。

13_1028_fuyuduta2.jpg

虫さんも来ているよ。

そばへ行って見るとほら、ヤツデの花と一緒でしょ。

13_1028_fuyuduta3.jpg

ナツヅタはブドウ科だけど、フユヅタはウコギ科。
ヤツデと近い種類なんです。



ついでにお花に来ていたハナアブちゃんをアップでご紹介。

13_1028_hana_abu.jpg

名前調べには挑戦したんですが、ちょっと、これって言うのに出会えませんでした。
なんて言うのかな?



斜面の別のてっぺんにはクコの花。

13_1028_kuko.jpg

たくさん咲いている場所が見つかったから、今度は赤い実を見たいな。

もう赤くなっていたのはノイバラの実。

13_1028_noibara.jpg

ちっちゃいローズヒップだよ。
お日様をいっぱい浴びて、まだまだ赤くなりそうです。



それから、ヒイラギの若葉。

13_1028_hiiragi.jpg

黄緑色でピッカピカです。柔らかそうだなあ。
お花の季節ももうすぐ。また見に行ってきたいと思います。



次の記事は草のお花にしようかな。





posted by はもよう at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。