2013年10月25日

公園の野菊

いよいよ今夜から台風の影響が現れそうです。直撃は避けられた様ですが、どのくらい
の荒れ模様になるのか心配です。もう、うんざりですよねぇ。たいしたこと無いと良い
なあ。

さて、今日も10/13にいつもおさんぽしている近所の公園で撮ってきた写真から。
一時身の回りから減っていた野菊が、最近また増えてきたような気がします。去年、
一昨年くらいから、いつもおさんぽしている公園でも、野菊を見ることが増えました。
秋らしい風情ですもの(^▽^)大歓迎です。

13_1025_k_yomena1.jpg

そんな公園から、野菊の2大スターをご紹介。まずは水辺のカントウヨメナから。






なんですかねぇ。思っていた以上に水辺好きですね、カントウヨメナは。

13_1025_k_yomena2.jpg

いつもおさんぽしている近所の公園の、人工の小川のほとりに見つけた群落が、今年も
元気に咲いてくれました。

秋らしい薄紫。真ん中の黄色いところがぽってりしています。

13_1025_k_yomena3.jpg

茎の先があまり枝分かれせず花数は多くないんですが、ひとつひとつのお花に存在感が
有ります。

13_1025_k_yomena4.jpg

他の草の葉も混ざって野趣あふれる感じですが、あくまでもいつもおさんぽしている
都市公園の一角です。

可愛いなあ。

13_1025_k_yomena5.jpg

ガク(萼)っぽいところ(総苞)がお椀型なのが一番の特徴です。
でも、ちょっと小さいお花だとはっきりしませんね。

13_1025_k_yomena6.jpg

お花のあとに付くタネに綿毛(冠毛)が目立たないのが一番の特徴なんです。
終わりかけのお花でも確認できますから、探してみてくださいね。

13_1025_k_yomena7.jpg

園内で、ちょこっとしか置いていない本格的な庭石。その特上のステージに陣取った
カントウヨメナ。
やっぱりスターの素質があるのかな。とってもフォトジェニックです ♪




たぶん来月には山野草の花だんで、もっと大株が華やかに咲く予定の
もう一方のスター、ノコンギク。雑木林ゾーンの木陰でひとかたまり咲いていました。

13_1025_nokon_g1.jpg

茎の先が細かく枝分かれするので、花数が多くて目立ちます。

比べてみれば、さっきのカントウヨメナよりは簡単な造りのお花でしょ。

13_1025_nokon_g2.jpg

ひとつひとつのお花のボリュームは軽めだけれど、数で勝負するタイプ。

そして、ガク(萼)っぽいところ(総苞)がすんなり細いのが特徴。

13_1025_nokon_g3.jpg

カントウヨメナと比べたら、解るかな?
でも一番の特徴はお花のあとに目立つ綿毛(冠毛)の付いたタネになるところ。
ノコンギクの花後はふさふさなんです。


この日は別の場所でももうひと株見つけて嬉しくなりました。

13_1025_nokon_g4.jpg

真ん中の黄色い筒状花が少なめで、周りの薄紫の舌状花が長めのスマートタイプ。

13_1025_nokon_g5.jpg

よく見れば花盛りの時期からだって、綿毛の準備がされているのが見えますよ。



カントウヨメナとノコンギク。近所の公園に野菊の2大スターが咲いてくれるなんて、
なんて贅沢なんでしょう。恵まれてるなぁ、私。(〃▽〃)〜♪ ← おめでたい奴

最近立て続けに、毎年楽しみにしていた群落を道路工事や造成で失っていたので、
また、身近に見続けることが出来る様になってとても嬉しいです。
秋に群れ咲く野菊を愛でることが出来るなんて、やっぱり贅沢。幸せだわぁ。



おまけ画像はノコンギクの足元で見つけたヒメヤブランの実。

13_1025_h_yaburan.jpg

いつも色付く前に見失っちゃうんですよ。この実、黒くなるまでここにいてくれるかな。
また見に行こうと思います。



さあ、週末だ、台風だ。いろいろ頑張ろう!!p(^へ^)





ブログ内関連ページ:

2012/10/26付 「カントウヨメナの花」
2012/11/28付 「公園のノコンギク」





posted by はもよう at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。