2013年10月18日

お茶の花

今日は天気予報で言っていたのよりは晴れました。でも、気温はかなり下がって
肌寒かったです。ついこのあいだまであんなに暑かったのになあ。不思議な感じ
ですね。これから大急ぎで秋が深まって行くのかな?

10/6の写真の続きです。この頃はまだまだ夏日だ、真夏日だって言っていたので、
ピンと来ませんが、紅葉が始まっていたんですよね。

13_1018_sakura1.jpg

落ちている桜の葉っぱは真っ赤なんです。
赤くなったのから散るので、見上げるこずえはまだ青々してますけど。






道ばたの草にも桜の葉っぱが引っかかっていました。

13_1018_sakura2.jpg

もうじき始まる 秋の展覧会への招待状。
今年の色付き具合はどうでしょうねえ。こずえの上で、今年の画家さんたちが筆を
ふるっているでしょうね。
できばえを確かめに、身近な公園に行ってみませんか?お気に入りの作品に出会える
かもよ。



「日陰の林」や「斜面の端」で、眺めてきたオトコヨウゾメが、「北向きの斜面」の
ヤブの上の方にも実っています。

13_1018_o_yozome1.jpg

斜面に入れないので遠くから精一杯手を伸ばして赤い実をねらいます。

真っ赤なのもあれば…まだ黄色いのもある。

13_1018_o_yozome2.jpg

他の葉っぱとのコラボも楽しい。いろんな景色。

ヒノキをあしらったら、また、素敵さもアップするかな?

13_1018_o_yozome3.jpg

オトコヨウゾメは、秋らしくて渋い 良い色に紅葉するんですよ。
もっと色付いたら、もっと言い景色になるかもね。

秋は、見るたびに傑作を仕上げてくれますね、惜しげもなく。



足を止めさせたのは赤いミズキの葉っぱ。

13_1018_mizuki.jpg

ミズキは基本、黄色っぽく色付いて散る葉っぱですが、ときおりビックリするほど
赤くなったりもします。
葉っぱごとに違う色に染まるなんて、ちょっと、お得な感じがします。

落ちてる葉っぱを、表はどんな色かな?って思いながら拾い上げるのもまた、
秋の楽しみですね。



公園の裏口に通じる小さなお社のはす向かい。
馬頭観音さまの石碑の側に、野良チャノキが生えています。

13_1018_tya1.jpg

いや、野良じゃなくて、この辺に 昔 住んでたおばあちゃんが小さな畑で野菜を
育てていたから、そのおばあちゃんが植えたのかもしれません。

13_1018_tya2.jpg

もう誰も世話を焼かないお茶の木だけれど、秋の気配を感じると毎年忘れずにお花を
咲かせます。
白粉筆みたいなたっぷりのおしべが可愛らしい。日だまりの暖かさを感じる景色です。



公園の正面に近い桜並木には、春はたくさんの人がお花見に来ました。
夏は木陰で涼を楽しみました。

13_1018_sakura3.jpg

でもこれからは芸術の秋ですよ。
秋の展覧会、開催は…たぶん、来月です。たくさんのお越しをお待ちしています。




posted by はもよう at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。