2013年10月11日

雨上がりさんぽ

朝のうちは小雨が降っていましたが、徐々に晴れてお昼頃には青空が広がり
ました。それにしても蒸し暑いです。秋なのにねぇ。で、夕焼けはとっても
赤くて綺麗でした。赤とんぼやもみじの葉っぱに染みついちゃいそうな赤い色。
夕焼けは秋なのにねぇ。

さて、この記事からまたおさんぽ写真を数回に分けてご紹介します。10/6に
隣町で撮ってきた写真。今日は雨上がりの水玉をたくさんご紹介します。

13_1011_reindrop1.jpg

霧雨みたいな優しい雨。開けると草の葉にキラキラ並びます。






雨上がりの朝は気持ちの良いおさんぽ。
道ばたの草むらには水滴がいっぱい。登り始めた日の光を弾いて本当に綺麗です。

13_1011_enokoro_g1.jpg

エノコログサも重たそう。

13_1011_enokoro_g2.jpg

しっぽみたいな花の穂に水滴がびっしり。綺麗だなあ。



こんな日には水弾きの良い葉っぱを探して、ころっとまん丸な水玉を撮りたいもの。

13_1011_o_nisikiso.jpg

オオニシキソウとか…

ムラサキツメクサとか…

13_1011_m_tumekusa.jpg

良いね良いね、良いですよ。
皆さんお綺麗。



煙突掃除のブラシみたいな チカラシバの赤っぽい花の穂にも

13_1011_tikara_s1.jpg

すっしりぎっしり水玉が宿っています。

ほらほら、なんて綺麗。

13_1011_tikara_s2.jpg

うわ〜、キラキラだぁ。

オヒシバ、メヒシバ、いろんな草の穂のいろんな水滴。

13_1011_reindrop2.jpg

雨上がりは、宝物庫に入ったようなゴージャス感。
宮沢賢治の短編に、恵みの雨を十力の金剛石と呼ぶお話があって、好きだったなあ。
こんな日はそんなことを思い出します。

宝石なんて見慣れているだろう、どこかの国の若い王子様が、思わずひざまづい
ちゃうほどの美しいダイヤモンド、十力の金剛石。

見渡す限りの草むらで光ってます。雨上がりは贅沢三昧。嬉しいな。



びしょぬれの草むらで、まだ背の低いアキノノゲシの若い株が、濡れそぼって
立っていました。

13_1011_a_nogesi.jpg

濡れたまんまじゃ、開かないこのつぼみが、帰る頃にはどうなるかな?


前の週のおさんぽでは、赤いマルバアサガオだけでしたが、この日は青い
アメリカアサガオも咲いていました。

13_1011_a_m_asagao.jpg

赤がしぼんで、青が点灯。信号だったらすすめですね。
さあ、雨上がりさんぽ、どんどん進んで行こう。






posted by はもよう at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。