2013年10月02日

スダジイどんぐり

雨の朝から、大きな夕焼けまで、一日でずいぶんお天気が変わりました、今日の
うちの方。台風は…一つは通り過ぎたのですが、別のが西の海を北上中です。
大事有りませんように(−人−)。

さて、記事の方は今日も9/21にいつもおさんぽしている公園で撮ってきた写真。
また、どんぐりの実り具合を見てきました。

13_1002_sudajii1.jpg

ちょっと変わった形のこの子は、常緑のスダジイのどんぐり。






コナラやクヌギのとは、また違った殻斗に包まれています。
美味しく熟すと上の方からくるっとむけて、中から黒っぽくて艶やかなどんぐり
が顔を出します。

13_1002_sudajii2.jpg

よく見ると案外毛深いんですが、ビロードみたいに艶やかに光ります。
あく抜きしなくても、なんなら生でも食べられちゃう美味しいドングリですよ。

2008/ 5/19付 「スダジイの花」
2008/11/15付 「常緑樹のどんぐり」



外国産の木が植えられているエリアではオークのどんぐりがたくさん落ちてい
ました。

13_1002_oak1.jpg

ちっちゃくてまだ緑のピンオークと大きくて立派なレッドオーク(たぶんね)の
どんぐりを集めて思わずパチリ。

13_1002_oak2.jpg

このブログでは何度も撮っているから、今回は中央にネグンドカエデの翼果も
あしらってみました。
実りの秋なんだな。

2008/10/12付 「大きなオークの木の下で」



そうそう、秋と言えば、アメリカハナノキがいち早く色付き出しました。

13_1002_a_hananoki.jpg

まだまだ序の口だけど、早いですね。
ピンオークも 別名はアメリカガシワだし…アメリカの秋は早いのかな。




どんぐりじゃないけれど、おさんぽで見かけたおまけ画像です。
ハイメドハギの花のいろいろ。

13_1002_h_medonhagi1.jpg

紫色の色合い、色の入り方…株ごとに違うものだな〜なんてね、感心しました。

13_1002_h_medonhagi2.jpg

濃かったり、薄かったり。

13_1002_h_medonhagi3.jpg

赤味が強かったり、弱かったり…。
いやそれだけなんですが、ちょっとメモ代わりに。




9/21、公園の花だんではシオン(紫苑)が咲き始めていました。

13_1002_sion.jpg

秋らしい紫色です。
ハラナガツチバチちゃんかな?忙しそうにせっせとお花を訪ね回ってました。

虫さんシーズンももう終盤。あんなにうるさかったセミの声がもう、たまにしか
聞こえてきません。草むらのコオロギたちの声も、心なしか違ってきたような
気がします。季節はどんどん移ろって、あんなに暑かった夏の記憶もぼんやり
してきました。次回からは隣町の様子をまた 数回に渡ってご紹介します。




ブログ内関連ページ:

2008/ 5/19付 「スダジイの花」
2008/11/15付 「常緑樹のどんぐり」

2008/10/12付 「大きなオークの木の下で」




posted by はもよう at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。