2013年10月01日

アカネ開花

今日から10月。いやあ、時間の経つのが早すぎて、気持ちが全然ついて行け
ませんが、衣替えだけはしました。お天気も降ったり止んだりで、気温は低め。
明日の朝には台風の影響が出そうと言うので、ちょっと心配です。

さて、記事の方ですが、9/21にご紹介したアカネのつぼみが開いてました。

13_1001_akane1.jpg

地面の近くを這う、こちらがアカネの茎。





つぼみだろうが咲いていようが、あんまり変わって見えない小さい花です。

13_1001_akane2.jpg

でも、拡大してみると星のような、ユリのような5弁のお花です。

13_1001_akane3.jpg

夕焼け空を「アカネ:茜色」って言うじゃないですか、その、アカネ色はこの
植物の根っこから、とんでもなく時間と手間をかけて作った赤い染料の色の
名前だそうです。

13_1001_akane4.jpg

もともと、ヤエムグラやサオトメバナが属するアカネ科の親分です。
猛烈に茂っても良いはずなんだけれど…なぜかここの株は細々と続いています。



別の草むら、池のそばの草地にはイヌコウジュ。

13_1001_inukoju1.jpg

紫蘇によく似た、可愛らしいお花です。

13_1001_inukoju2.jpg

今年も咲いたね。



イヌコウジュも、スキさえあれば葉っぱを赤く染めちゃう草だけれど、
隣にもっと赤い葉っぱがありました。

13_1001_kituneno_m.jpg

可愛らしく染まったキツネノマゴです。
木の紅葉も楽しみだけれど、草の葉も、人知れず色付くんですよ。



道ばたにはチカラシバの赤っぽい穂が出始めていて…

13_1001_tikara_s.jpg

あ、こっちの草むらにはコブナクサが並んできた…。

13_1001_kobuna_k.jpg

…と言うと…9/17の記事でコブナクサかな?って言ったのは違うなあ。
なんだったんだろう…。
穂になる草は見分けが難しいです。(^^;)
また調べてこなくっちゃ。



盛んに花の穂を立てているのは、春先の姿からは想像もつかない巨体になった
ヨモギです。

13_1001_yomogi.jpg

もう、餅草とは言えないなあ。
でも、今度は干してもんで、もぐさ(艾)が採れます。
お灸を据えて欲しいとこある?(^m^)



この日は、いつもおさんぽしている公園でも、ヒヨドリジョウゴの大株を見つけ
ました。

13_1001_hiyodori_j1.jpg

草丈1mくらいの茂みになってます。うわあ、実が赤くなるまで刈られないで
立っててくれるかなあ?

13_1001_hiyodori_j2.jpg

とりあえず、まだ青い実をパチリ。
お花はねぇ、まだまだ続々咲くんだけれど…なにぶん公園の植栽の中です。
雑草は立場が弱いんですよ。刈らないでねえ。見逃してねえ。またに見に行くから
ねえ。(^o^)/^^



次もまだ、9/21の写真の続きです。
だいぶ秋めいてきたいつもおさんぽしている公園をどんぐり探して歩きました。



posted by はもよう at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。