2013年09月26日

河原の秋

今日は雲が多めでした。でも、なんとか降られずに済みました。午後からは
風が強まって、吹き飛ばされそうなほど吹きました。それでも空には厚い
雲がかかっていたんですよね。明日はどうかな?とりあえず朝の気温は下がる
そうです。風邪ひかないように気を付けなくちゃね。

今日の記事は9/19に近所の河原で撮ってきた草の写真。

13_0926_higan_b1.jpg

ここでも、ヒガンバナが咲き始めていました。






近所の小川です。向こう岸と余裕でお話しできちゃうくらいの小さな川。
河原の土手の草むらにひと群れの赤い花。

13_0926_higan_b2.jpg

今はもうだいぶ色褪せて来ちゃったヒガンバナですが、この頃はまだつぼみが
いっぱいです。



水量が増えちゃった日もあったけれど、この日は落ち着いた流れでした。

13_0926_o_yugagiku1.jpg

流れをバックに、咲いているのはオオユウガギクかな〜っと思っているお花。

2011/10/28付 「河原の野菊」

13_0926_o_yugagiku2.jpg

咲き方はノコンギクに似ているけれど、お花はカントウヨメナ似です。

13_0926_o_yugagiku3.jpg

ちょこっと見えてるつぼみを見ても、ノコンギクよりはカントウヨメナ似な
横顔が見て取れます。

13_0926_o_yugagiku4.jpg

ただ、花数があまりに多いので、何か似た園芸種かもしれないなと思っています。



土手を上がったところに派手に咲いていたのはイタドリです。

13_0926_itadori1.jpg

白いのが普通なの中で、赤味が差しているのはメイゲツソウ(明月草)と呼ばれる
そうです。

13_0926_itadori2.jpg

中秋の名月の日に、明月草を見られて嬉しいなあ。

カメラを近づけてアップにしたら、だいぶ実になっていました。

13_0926_itadori3.jpg

ピンクのハートがいっぱいだよ。

13_0926_itadori4.jpg

白い花、赤い花…プラス サオトメバナの緑の実。

いやいやお花も咲いてますよ。

13_0926_itadori5.jpg

サオトメバナ、まだ咲いてます。頑張ります。




去年まで観察した来た株が、今年はもう刈られちゃって無いんですが、また
別の場所で見つけました、ヒヨドリジョウゴ。

13_0926_hiyodori_b1.jpg

お花もアップで撮れました。

13_0926_hiyodori_b2.jpg

ナス科らしい形だけれど、反り返り過ぎかな。
このあとの、真っ赤で艶やかな実を見られると嬉しいな。



時間は短かったんですが、顔なじみのお花をぐるりと回れたおさんぽでした。
これから咲くお花も多いから、また、見に行かなくっちゃ。

次に記事は別の河原でまた、ヒガンバナを追いかけます。場所が変われば
咲いているお花も変わります。今度のおなじみはどんなかな?




ブログ内関連ページ:

2011/10/28付 「河原の野菊」
2011/11/ 4付 「大柚香菊と鵯上戸」
2011/11/19付 「ヒヨドリジョウゴ」




posted by はもよう at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。